第百九十九段 横川行宣法印が申し侍りしは

横川行宣法印(よかわのぎょうせんほういん)が申し侍りしは、「唐土(とうど)は呂(りょ)の国なり。律の音(おん)なし。和国(わこく)は単律の国にて、呂の音なし」と申しき。

口語訳

横川行宣法印が申しましたことには、「中国は呂音の国である。律の音は無い。日本は律音のみの国であって、呂の音は無い」と申した。

語句

■横川行宣法印 伝未詳。「横川」は比叡山三塔(東塔・西塔・横川)の一つ。 ■呂 雅楽の音階の一つで、理性的的であるという。 ■律 雅楽の音階の一つで、感情的であるという。 

メモ

●「はあ…」という考証的章段続く。
●大原三千院のそばに呂川(りょせん)・律川(りつせん)。「呂律(ろれつ)が回らない」

朗読・解説:左大臣光永

発売中

■聴いて・わかる。『徒然草』for Windows
https://sirdaizine.stores.jp/items/5726666100d331592d016b2b

『徒然草』の全文を、現代語訳つきで朗読し、楽しく解説しました。一文一文を丁寧に読み解き、歴史的背景も含めてわかりやすく解説していきます。