第二百二十三段 鶴の大臣殿は

■『徒然草』朗読音声の無料ダウンロード
■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

鶴(たづ)の大臣殿(おおいどの)は、童名(わらわな)たづ君(ぎみ)なり。鶴(たづ)を飼ひ給ひけるゆゑにと申すは僻事なり。

口語訳

鶴の大臣殿は、幼名がたづ君なのだ。鶴をお飼いになったからと申すのは間違いである。

語句

■鶴の大臣殿 内大臣九条基家(1203-1280) 摂政良経の子。「鶴殿」「鶴の内府」とも。 ■僻事 間違い。

メモ

■意味不明。唐突な章段。

朗読・解説:左大臣光永

■『徒然草』朗読音声の無料ダウンロードはこちら
■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら