土佐日記

男もすなる日記というものを女もしてみんとてするなり

『土佐日記』は四国、土佐国に赴任した紀貫之(きのつらゆき)が任期を終え、京都にもどってくるまで55日間の旅(主に船旅)を描いた平安時代の日記文学です。

その帰京の旅を、紀貫之のそばに仕えたおそらく侍女の立場から、観察するという形で描きます。笑いあり、涙あり、なかなか人間くさい、道中記です。

わが国初の日記文学といわれ、後世の『更級日記』『蜻蛉日記』『和泉式部日記』『紫式部日記』などに大きな影響を与えました。

このサイトは、古典・歴史の「語り」をなりわいとする左大臣光永が、『土佐日記』の全段を徹底して詳しく、丁寧に解釈し、有名な箇所は朗読音声つきでお届けします。一見難解な古文の言葉も、耳で聴くと意味がつかみやすいはずです。

スポンサーリンク

目次

リンク

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク