阿倍仲麻呂

スポンサーリンク

二十日の夜(よ)の月出でにけり。

山の端(は)もなくて、海の中(なか)よりぞ出で来る。

かうやうなるを見てや、昔、阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)といひける人は、唐土(もろこし)にわたりて、帰り来(き)ける時に、船に乗るべきところにて、かの国人(くにびと)、馬(むま)のはなむけし、別れ惜(を)しみて、かしこの漢詩(からうた)作りなどしける。飽かずやありけむ、二十日(はつか)の夜(よ)の月の出づるまでぞありける。その月は、海よりぞ出でける。

これをみてぞ仲麻呂のぬし、「わが国に、かかる歌をなむ、神代(かみよ)より神もよん給(た)び、今は上(かみ)、中(なか)、下(しも)の人も、かうやうに、別れ惜しみ、喜びもあり、悲しびもある時にはよむ」とて、よめりける歌、

青海原(あをうなばら)ふりさけみれば春日(かすが)なる三笠(みかさ)の山に出でし月かも

とぞよめりける。

現代語訳

二十日の夜の月が出てきた。

山の端(稜線)も視界に入らず、その月は海の中から出てきた。

このような光景を見てでしょうか、昔、阿倍の仲麻呂という人は、唐に渡って、帰国する時に、乗船するはずの場所で、あの国の人々が餞別をし、別れを惜しんで、あちらのすばらしい漢詩(からうた)を作ったりなどした。

それでも、名残も尽きなく思ったのであろう、二十日の夜の月がでるまで、そこにいたのだった。

その月は海の中から出た。

この月を見て仲麻呂は、「私の国では、このような歌を神代から神様もお詠みになり、今日では、上中下いずれの人でも、このように別れを惜しんだり、嬉しい時も、悲しいことがある時も詠むのです。」と言って、詠んだという歌は、

青海原(あをうなばら)…

(青海原を遥か遠くに眺めますと、(月は今しも波間から昇っている。)まあ、あの月は、故国の春日(かすが)にある三笠山(みかさやま)に昇ったのと同じ月なのだなあ。)

とまあ詠んだのだった。

語句

■かしこ- すばらしい ■阿倍の仲麻呂- 元正天皇の霊亀二年二十歳の時に留学生として入唐、名を朝衛と改め、博学宏才を以って幻想皇帝に寵遇された。天平勝宝年間に遣唐使藤原清河に同行して帰朝する途上、海が荒れ、漂流して果たさず、再び唐に帰り、かの地で没した。七十三歳。 ■かの国人- 唐の国の人 ■飽かずやありけむ- 別れるには飽き足らずに思ったのでしょうか ■主(ぬし)- 人名に添える敬称。「君」より軽く、中流階級に言う。 ■ふりさけ- 「ふり」は接頭語。「さけ」は「放ち離かる」ことであって、遠く遥かに隔たっていることを示す。


かの国人(くにびと)、聞き知るまじく、思ほえたれども、言(こと)の心を、男文字(をとこもじ)にさまを書き出だして、ここの言葉伝へたる人にいひ知らせければ、心をや聞き得たりけむ、いと思ひのほかになむ賞(め)でける。唐土(もろこし)とこの国とは、言異(ことこと)なるものなれど、月のかげは同じことなるべければ、人の心もおなじことにやあらむ。

さて、今、そのかみを思ひやりて、ある人のよめる歌、

みやこにて山の端(は)に見し月なれど波より出でて波にこそ入れ

現代語訳

あちらの国の人々は、これを聞いてもわかるまいと思われたが、この歌の内容を漢字でおおよその様子を書き表して、こちらの言葉を習得している人(通訳)に説明したら、歌の心を理解することができたのだろうか。大変意外なことにこの歌を称賛したそうだ。唐と日本とは言葉は違うが、月の光は同じはずだから、人の心も同じなのだろう。
さて、今その昔を思いやって、ある人の詠んだ歌は、

みやこにて…

(都で山の稜線に出たり入ったりしているのを見た月だけど、ここでは波から出て波に入っていくのだよ)

語句

■聞き知るまじく- 聞いてもわからない ■思ほえたけれども- 思われましたが ■言の心- 歌の意味 ■男文字- 漢字 ■さま- 大体の様子 

備考・補足

百人一首で有名な阿倍仲麻呂の歌が引用されます。阿倍仲麻呂は奈良時代、遣唐使として唐に渡り、玄宗皇帝のもと重く用いられました。35年後、帰国するに際し、親しくしていた友人たちが宴を開いてくれました。その中には大詩人・李白の姿もあったといいます。

阿倍仲麻呂が故郷を思って詠んだ歌、

天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出でし月かも

(大空を振り仰いで見ると、月が出ている。あの月は私の故郷、春日の三笠山に出ていた月と全く同じ月なのかなぁ)

こうして船は出航しますが、途中、暴風雨により難破。仲麻呂はベトナム方面に漂着し、困難を経て長安へ戻ってきます。

そして安南都護府(ベトナム方面の地方官)に任命され、玄宗・粛宗・代宗三代の皇帝につかえ、73歳でかの地に没しました。二度と日本に戻ることはありませんでした。没後、日本からも正二品の位が送られています。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク



QLOOKアクセス解析