難波

スポンサーリンク

六日。澪標(みをつくし)のもとより出(い)でて、難波(なには)に着きて、川尻(かはじり)に入(い)る。みな人々、媼(をむな)、翁(おきな)、額(ひたひ)に手を当てて喜ぶこと、二つなし。

かの船酔(ふなゑ)ひの淡路(あはじ)の島の大御(おほいご)、みやこ近くなりぬといふを喜びて、船底(ふなぞこ)より頭(かしら)をもたげて、かくぞいへる。

いつしかといぶせかりつる難波潟(なにはがた)葦(あし)漕(こ)ぎ退(そ)けて御船(みふね)来(き)にけり

いと思ひのほかなる人のいへれば、人々あやしがる。これが中に、心地悩む船君(ふなぎみ)、いたくめでて、「船酔ひし給(たう)べりし御顔(みかを)には、似ずもあるかな」と、いひける。

現代語訳

六日。澪標のところから船出して、難波に着いて、河口に入る。一同、老女、翁ともども、額に手を当てて喜ぶこと、この上ない。
あの船酔いをした淡路の島の老女殿が、都が近くなったというのを喜んで、船底から頭をもたげて、このように言った。

いつしかと…

(着くのはいつのことかと、心もとなく不安であった難波潟で、葦を漕ぎ分けながら御船はやってきたことだ)

まったく思いがけない人が言ったので、人々は不思議がる。
そんな中で、気分を悪くしていた船君が、たいそうこれを褒めて、「船酔いをなさったお顔には、似合いませんね」と言ったことである。

語句

■澪標(みをつくし)- 水脈(ミヲ)つ串の意。水脈にクイを並べ立てて船が往来する時の目印にするもの。 ■難波(なには)- 今の大阪市南区あたり ■川尻- 淀川の河口 ■額(ひたひ)に- 非常の喜ぶ時の形容に使う語。■かの…- 淡路島出身の老女 ■大御(おほいご)- 年長の夫人に対する敬称 一月二十六日の条に出た淡路の専女と同一人物 ■いつしかと-「いつしか着かむ」 ■いぶせがりつる-心もとなく不安であった。 ■漕ぎ退けて-葦を漕ぎ分けて。「そく」は除く。

備考・補足

難波です。都も近くなりました。そのため、今までとはうってかわつて明るく、楽しい雰囲気が出てきます。詠まれる歌も、都に帰る喜びにワクワクしてる感じです。

「みをつくし」は、「澪つ串」から来ており、難波の海によく見られた、船を誘導するための印(杭)のことです。「みをつくし」という言葉の響きから、「身を尽くす」という動詞と、掛詞にされることが、多いです。

百人一首の二十番「わびぬれば今はたおなじ難波なる みをつくしても逢はむとぞ思ふ」などが有名です。


七日。今日(けふ)、川尻に船入(い)りたちて、漕(こ)ぎ上(のぼ)るに、川の水干(ひ)て、悩みわづらふ。船の上ること、いとかたし。

かかるあひだに、船君の病者(ばうざ)、もとよりこちごちしき人にて、かうやうのこと、さらに知らざりけり。かかれども、淡路専女(あはぢのたうめ)の歌にめでて、みやこ誇りにもやあらむ、からくして、あやしき歌ひねり出(い)だせり。その歌は、

来(き)と来(き)ては、川上(かはのぼ)り路(ぢ)の水を浅み船もわが身もなづむ今日(けふ)かな

これは病(やまひ)をすればよめるなるべし。一歌(ひとうた)にことの飽(あ)かねば、いま一つ、

とくと思ふ船悩ますはわがために水の心の浅きなりけり

この歌は、みやこ近くなりぬる喜びに堪(た)へずして、いへるなるべし。「淡路の御(ご)の歌に劣れり。ねたき。いはざらましものを」と、悔(くや)しがるうちに、夜(よる)になりて寝にけり。

現代語訳

七日。今日、河口に船が入り進んで、漕ぎ上がったが、川の水が枯れていて少なく進みづらい。船が遡(さかのぼ)るのはとても難しい。

そんな時に、病気の船君は、もともと風流など解さない人で、和歌を詠むなどということは、まったく関心がなかったのだが、淡路の婆さんの歌に感心し、都近くになって元気も出てきたのだろう。苦心して妙な歌をひねりだした。その歌は、

来(き)と来(き)ては…

(やっとのことでここまで来るには来たが、川を上る水路の水が浅くて、船も私自身も難渋する今日だよなあ)

この歌は、自分も病にかかったから詠んだのだろう。一首では気持ちがおさまらなかったのだろうか、いま一つ、

とくと思ふ…

(早く早くと思う船をこれほどまでに進みづらくさせるのは、水が浅いからでもあり、私に対する川の水の思いやりが浅いからでもある)

この歌は、都が近くなってきている喜びに堪えきれず、詠んだものだろう。「淡路の御の歌に劣る。いまいましい。言わなければよかったものを」と、悔しがっているうちに夜になり寝てしまった。

語句

■川の水干(ひ)て-冬の渇水期にぶつかったのである。 ■船君の病者-船君である病者 ■こちごちしき-ぶこつ。風流がわからない。作者の擬装である。
■かうやうのこと-歌を詠むこと ■来(き)と来(き)ては-やっとの思いでここまで来るには来たが。(同じ動詞を重ねて意味を強めている) 
■を浅み-浅いので。「を」は関節助詞。「み」は接尾語。 …が…なのでの意。■なづむ-悩み苦しむ。生気を失う。難渋する。■とく(疾く- 早く、急いで、早々に、 ■なる-べし-  …であろう。…であるに違いない。…であるはずだ。■ねたき(妬き)- しゃくである。にくらしい。いまいましい。「ねたし」の連体形。


八日。なほ、川上りになづみて、鳥飼(とりかひ)の御牧(みまき)といふほとりに泊まる。
今宵(こよひ)、船君(ふなぎみ)、例の病おこりて、いたく悩む。

ある人、あざらかなる物持て来たり。米(よね)して返り事す。男ども、ひそかにいふなり。(『飯粒(いひぼ)して、もつ釣る』とや」。

かうやうのこと、ところどころにあり。今日(けふ)、節忌(せちみ)すれば、魚(いを)不用(ふよう)。

現代語訳

八日。やはり、川上りが難行していて、鳥飼の御牧のほとりに泊まることになった。今夜、船君は、いつもの病が起こって、たいそう苦しむ。

ある人が、鮮魚を持ってきた。お返しに米を持たせた。男たちが、陰口を言う。「『飯粒でもつを釣る』とか言うような」と。

このような(対等ではない物々交換)ことは、旅の途中、所々であった。今日は、節忌をしたので、魚は不用だったのである。

語句

■あざ-らか(鮮らか)-新鮮な

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク



QLOOKアクセス解析