第二十段 なしがしとかや言ひし世捨人の

なにがしとかや言ひし世捨人の、「この世のほだし持たらぬ身に、ただ空の名残のみぞ惜しき」と言ひしこそ、誠にさも覚えぬべけれ。

口語訳

何とか言った世捨て人が、「この世に何も束縛される者を持たない身には、ただ空の名残だけが惜しいことだよ」と言ったのこそ、誠にそう思われるに違いないものだ。

語句

■ほだし 馬などをつないでおく縄。この世の束縛。 ■持たらぬ身 持ち合わせない身。「持たらぬ」は「持ちてあらぬ」の略。 ■空 自然。もしくは文字通り空。

メモ

■言葉通り「空」か。秋のスコーンと抜ける高い空なんか見ていると「いつまでも見ていたいなあ」と思うようなものか?

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク