第七段 あだし野の露きゆる時なく

あだし野の露きゆる時なく、鳥辺山の烟立ちさらでのみ住みはつるならひならば、いかにもののあはれもなからん。世はさだめなきこそいみじけれ。

命あるものを見るに、人ばかり久しきものはなし。かげろふの夕を待ち、夏の蝉の春秋を知らぬもあるぞかし。つくづくと一年を暮らすほどだにも、こよなうのどけしや。あかず惜しと思はば、千年(ちとせ)を過(すぐ)すとも一夜(ひとよ)の夢の心地こそせめ。

住み果てぬ世に、みにくき姿を待ちえて何かはせん。命長ければ辱(はじ)多し。長くとも四十(よそじ)に足らぬほどにて死なんこそ、めやすかるべけれ。

そのほど過ぎぬれば、かたちを恥づる心もなく、人に出でまじらはん事を思ひ、夕の陽(ひ)に子孫を愛して、栄(さか)ゆく末を見んまでの命をあらまし、ひたすら世をむさぼる心のみ深く、もののあはれも知らずなりゆくなん、あさましき。

▼音声が再生されます▼

口語訳

あだし野の露が消える時なく、鳥辺山の煙がいつまでも上がり続けるように、人生が永遠に続くものならば、どうしてもののあはれなど、あるだろう。人生は限りがあるからこそ、よいのだ。

命あるものを見れば、人間ほど長生きするものは無い。かげろうが朝生まれて夕方には死に、夏の蝉が春や秋を知らない例もあるのだ。しみじみ一年を暮らす程度でも、たいそうのんびりした時を過ごせるものであることよ。

満足できない。もっともっとと思ったら、千年を過ぎても一夜の夢の心地がするだろう。どうせ永遠には生きられない世の中に、長生きした末に醜い姿を得て、それが何になるだろう。

長生きすると恥も多くなる。長くても四十未満で死ぬのが見苦しくないところだ。

そのあたりの年を過ぎると、醜い容貌を恥じる気持ちも無くなり、人に交わることを欲して、老いさらばえて子孫を愛して、子孫が立身出世する末を見届けるまでは生きよう、などと期待し、ひたすら世をむさぼる心ばかり深く、もののあはれもわからなくなっていく。あさましいことだ。

語句

■あだし野 京都嵯峨野の奥にあった風葬の地。「化野」と書く。小倉山のふもと。現在の念仏寺のあたり。 ■鳥辺山 洛東清水寺の南の丘陵地帯。火葬場があった。現在も広大な墓地が広がっている。 ■のどけしや 「や」は詠嘆。 ■住み果てぬ世 永久に生きることはできない世。 ■待ちえる 待ったあげくに得る。 ■命長ければ辱多し 「尭曰く、男子多ければ則ち懼れ多く、富めば則ち事多く、寿(いのちなが)ければ則ち辱多し。是の三つの者徳を養う所以にあらざるなり」(『荘子』天地) ■めやすかる 見苦しくない。 ■夕の陽 「憐むべし八九十、歯堕ち双眸昏(くら)し。朝露に名利を貪り、夕陽に子孫を憂ふ」(白氏文集・秦中吟・不致仕)。 夕方に人生の晩年を暗示している。 ■あらまし 期待し。願って。

メモ

■兼好は70歳ぐらいまで生きた。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク