第五十三段 是も仁和寺の法師、童の法師にならんとする名残とて、

是も仁和寺の法師、童の法師にならんとする名残とて、各(おのおの)あそぶ事ありけるに、酔ひて興に入るあまり、傍(かたわら)なる足鼎(あしがなえ)を取りて、頭(かしら)にかづきたれば、つまるやうにするを、鼻をおし平めて、顔をさし入れて舞ひでたるに、満座興に入る事かぎりなし。

しばしかなでて後、抜かんとするに、大方(おおかた)抜かれず。酒宴ことさめて、いかがはせんと惑ひけり。とかくすれば、頸(くび)のまはりかけて血たり、ただ腫れに腫れみちて、息もつまりければ、打ち割らんとすれど、たやすく割れず、響きて堪へがたかりければ、かなはで、すべきやうもなくて、三足(みつあし)なる角(つの)の上に、帷子(かたびら)をうちかけて、手をひき杖をつかせて、京なる医師(くすし)のがり、率(ゐ)て行きける道すがら、人のあやしみ見る事かぎりなし。

医師のもとにさし入りて、向ひゐたりけんありさま、さこそ異様(ことよう)なりけめ。ものを言ふもくぐもり声に響きて聞えず。「かかることは文(ふみ)にも見えず、伝へたる教へもなし」と言へば、又仁和寺へ帰りて、親しき者、老いたる母など、枕上(まくらがみ)に寄りゐて泣き悲しめども、聞くらんとも覚えず。

かかるほどに、ある者の言ふやう、「たとひ耳鼻こそ切れ失すとも、命ばかりはなどか生きざらん。ただ力を立てて引き給へ」とて、藁のしべをまはりにさし入れて、 かねを隔てて、頸もちぎるばかり引きたるに、耳鼻かけうげながら抜けにけり。 からき命まうけて、久しく病みゐたりけり。

▼音声が再生されます▼

口語訳

これも仁和寺の法師、童が剃髪して僧になる名残ということで、皆で遊ぶ事があったところ、酔って興が乗るあまりに、そばにあった足鼎を取って頭にかぶったところ、つまるような感じであったので、鼻を押して平たくして、顔をさし入れて舞い踊りはじめた所、一座の者はみな大いに盛り上がった。

しばらく舞い踊ってから、抜こうとした所、まったく抜けない。酒宴の場はすっかり興ざめして、どうしようと、困った。あれこれしている内に、首のまわりが傷ついて血が出てきた。首じゅう腫れに腫れて、息もつまったので、打ち割ろうとするが、簡単に割れない。響いて我慢できないので、思うようにならず、どうしようもないので、鼎の三本の足が角のように突き出ている上に、帷子をかけて、手を引き杖をつかせて、京都の医者のもとに、連れて行く道すがら、人が怪しんで見ることは並々でなかった。

医者のもとに入って、向かい合ったその様子は、さぞかし異様だったろう。ものを言うもくぐった声に響いて聞こえない。

「このようなことは医学書でも見たことが無い。伝え聞いた治療法も無い」と言ったので、又仁和寺に帰って、親しき者、年老いた母など、枕元に寄って座って泣き悲しむけれど、聞いているだろうとも思えない。

そうこうしている内に、ある者が言うことに、「たとえ耳や鼻が切れて失われても、命ばかりはどうして失われることがあろう。ひたすら力を入れて引っ張りなさい」と言って、藁しべを首のまわりにさし入れて、金属を隔てて、頸もちぎれるばかりに引いた所、耳と鼻は欠けて穴が開きながら、抜けた。危険な一命を取り留めて、僧は長く病にかかっていたと聞く。

語句

■童 稚児。 ■法師にならんとする… 稚児姿をあらため、剃髪し一人前の僧になること。 ■足鼎 三足の金属製器具。湯を沸かしたりした。ここで使われたのは実用のものではなく装飾用器具か。 ■奏でる 舞を舞うこと。 ■ことさめて 興ざめして。 ■かなはで 思い通りにならなくて。 ■三足なる角  鼎をさかさまにしてかぶっているので、足が三本、角のように出ている。 ■帷子 裏をつけない衣類の総称。また几帳などの隔てに垂らす布。 ■がり 「かあり(処在)」の約。その人のいる所。 ■枕上 枕元。 ■藁のしべ わらしべ。■かけうぐ 欠け穿ぐ。欠けて穴が開くこと。 ■からき命 危険な命。からくも一命を取り留めたこと。

メモ

■笑い話のようだが最後はグロい。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク