第五十二段 仁和寺にある法師、年よるまで、石清水を拝まざりければ、

仁和寺にある法師、年よるまで、石清水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、ただひとりかちより詣でけり。極楽寺・高良(こうら)などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。さて、かたへの人にあひて、「年比(としごろ)思ひつること、果し侍りぬ。聞きしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へのぼりしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意(ほい)なれと思ひて、山までは見ず」とぞ言ひける。

少しのことにも、先達(せんだち)はあらまほしき事なり。

▼音声が再生されます▼

口語訳

仁和寺にいる僧が、年を取るまで石清水八幡宮に参詣したことがなかったので、残念に思って、ある時思い立って、ただ一人歩いて参詣した。極楽寺・高良明神などを拝んで、これで終わりと思い込んで帰ってきた。

さて、知り合いに会って、「長年思っていたことを、果たしました。聞きしにまさって、尊くあられましたよ。それにしても、参詣する人が皆、山に登っているのは、何事があるのでしょう。興味はございましたが、神へお参りするこそ目的と思って、山までは見ませんでした」と言ったという。

少しのことにも、その道に通じ導いてくれる人は欲しいものである。

語句

■仁和寺 京都市右京区御室。真言宗御室派の本山。光孝天皇の勅願を受け、宇多天皇が仁和4年(888年)に完成させた。歴代の住職は法親王(出家した親王)が任じられた。『平家物語』「経正都落」に印象深く描かれている。 ■石清水 石清水八幡宮。京都府八幡(やわた)市男山。貞観2年(860年)豊前の宇佐八幡宮を勧請して創設。男山の山頂に鎮座する。源頼義が前九年合戦の戦勝祈願をしたことで有名。 ■徒歩より 歩いて。 ■極楽寺 男山のふもとにあった石清水八幡宮の真宮寺。明治元年焼失。 ■高良 高良明神。男山のふもとにある八幡宮の摂社。 ■かたへの人 かたわらの人。仲間。 ■そも それにしても。 ■先達 その道に通じ、導いてくれる人。

メモ

■摂社だけを見て帰ってきた。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク