第五十一段 亀山殿の御池に、大井川の水をまかせられんとて、

亀山殿の御池に、大井川の水をまかせられんとて、大井の土民におほせて、水車(みずぐるま)をつくらせられけり。多くの銭(あし)を給ひて、数日(すじつ)に営み出(い)だしてかけたりけるに、大方(おおかた)めぐらざりければ、とかくなほしけれども、終(つい)にまはらで、いたづらに立てりけり。さて、宇治の里人を召して、こしらへさせられければ、やすらかに結(ゆ)ひて参らせたりけるが、思ふやうにめぐりて、水を汲み入るる事、めでたかりけり。万(よろづ)にその道を知れる者は、やんごとなきものなり。

口語訳

亀山殿の御池に、大井川の水を引き入れようということで、大井の地元民に命じて、水車を作らせられた。多くの金銭を下されて、数日かかって造営して動かしたところ、まったく回らないので、あれこれ手直ししたが、とうとう回らず、空しく放置されることとなった。

さて、水車の名所として知られる宇治の里の住人を召して、作られた所、やすやすと作り上げて差し上げた水車が、思ったように回って、水を汲み入れる事も、うまくいった。万事、その道を知る専門家というものは、すばらしいものである。

語句

■亀山殿 後嵯峨上皇が嵯峨野に築いた仙洞御所。亀山上皇崩御後、荒廃。天竜寺はその跡地。 ■大井川 「大堰川」とも。嵐山のふもとを流れる川。北丹波に源を発し、下流は桂川と名を変え、淀川に流れ込む。現在は渡月橋より上流を保津川、亀岡盆地より上を大堰川と称する。 ■まかす 水を引き入れる。 ■大井 大井川沿岸の地。 ■土民 地元民。 ■銭 金銭。足がはえているように、人々の間を流通するから。 ■数日 すじつ。読みは『日葡辞書』による。 ■営み出して 造営して。 ■大方 下に打消しの語を伴って「まったく~ない」。 ■宇治 京都府宇治市宇治橋付近の宇治川両岸地域。古来、水車の名所で歌や歌謡に詠まれている。 ■やすらかに やすやすと。簡単に。 ■結ひて 組み立てて。

メモ

■達人、職人への尊敬。徒然草に一貫している。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク