第四十段 因幡国に、何の入道とかやいふ者の娘、

因幡国に、何の入道とかやいふ者の娘、かたちよしと聞きて、人あまた言ひわたりけれども、この娘、ただ栗をのみ食ひて、更に米(よね)のたぐひを食はざりければ、「かかる異様(ことよう)のもの、人に見ゆべきにあらず」とて、親許さざりけり。

口語訳

因幡国に、何とか入道とかいう者の娘が、容貌が美しいと聞いて、多くの男が求婚し続けていたが、この娘は、ただ栗ばかりを食べてまったく米のたぐいを食べないので「このような異様な者を人と結婚させるわけにいかない」といって、親は許さなかった。

語句

■因幡国に 因幡国に在住の。

メモ

■自然でないことを兼好はよしとしない。
■現在もサプリしか食べない人とかいる。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク