第二百二十八段 千本の釈迦念仏は、文永の比

■『徒然草』朗読音声の無料ダウンロードはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

千本の釈迦念仏は、文永の比(ころ)、如輪上人(にょりんしょうにん)、これを始められけり。

口語訳

千本釈迦堂の釈迦念仏は、文永のころ、如輪上人が、これを始められたということである。

語句

■千本の釈迦念仏 京都市上京区溝前町の大報恩寺で釈迦の涅槃にちなみ、2月9日から15日まで行われる大法会。釈迦念仏の日のにぎわいは、第二百三十八段にくわしい。 ■文永の比 1264-75年。 ■如輪上人  浄土宗の僧。大報恩寺二代長老澄空。摂政内大臣藤原師家の子。法然の弟子長西に師事。

メモ

■だから何?の章段

朗読・解説:左大臣光永

■『徒然草』朗読音声の無料ダウンロードはこちら
■【古典・歴史】メールマガジンのご案内
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら