第二百二十八段 千本の釈迦念仏は、文永の比

千本の釈迦念仏は、文永の比(ころ)、如輪上人(にょりんしょうにん)、これを始められけり。

口語訳

千本釈迦堂の釈迦念仏は、文永のころ、如輪上人が、これを始められたということである。

語句

■千本の釈迦念仏 京都市上京区溝前町の大報恩寺で釈迦の涅槃にちなみ、2月9日から15日まで行われる大法会。釈迦念仏の日のにぎわいは、第二百三十八段にくわしい。 ■文永の比 1264-75年。 ■如輪上人  浄土宗の僧。大報恩寺二代長老澄空。摂政内大臣藤原師家の子。法然の弟子長西に師事。

メモ

■だから何?の章段

朗読・解説:左大臣光永

発売中

■聴いて・わかる。『徒然草』for Windows
https://sirdaizine.stores.jp/items/5726666100d331592d016b2b

『徒然草』の全文を、現代語訳つきで朗読し、楽しく解説しました。一文一文を丁寧に読み解き、歴史的背景も含めてわかりやすく解説していきます。