第十六段 神楽こそ

神楽こそなまめかしく、おもしろけれ。

おほかた、ものの音(ね)には、笛・篳篥(ひちりき)。常に聞きたきは、琵琶・和琴(わごん)。

口語訳

神楽は優雅で趣深いものだ。

一般に楽器の音でいいのは、笛・篳篥。いつも聴きたいのは琵琶・和琴。

語句

■なまめかし 上品で優雅なさま。 ■笛 大和笛。 ■篳篥 中国伝来の竹笛。 ■和琴 大和琴。桐の胴体の上に六絃を張る。

メモ

■短文の章段。メモ的なものも多い。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク