第六十四段 車の五緒は、必ず人によらず、

「車の五緒(いつつお)は、必ず人によらず、ほどにつけて、きはむる官(つかさ)・位(くらい)に至りぬれば、乗るものなり」とぞ、ある人仰せられし。

口語訳

「五緒の車は、必ずしも身分・官位によらず、家柄によって、最高の官位に達したら、乗るものである」と、ある人がおっしゃった。

語句

■車の五緒 「車」は牛車。「五緒の車」は、牛車の簾に五条の緒が垂れているのをいう。 ■人によらず 身分によらず。 ■ほどにつけて 家柄によって。

メモ

■考証的章段。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク