第九十四段 常盤井相国、出仕し給ひけるに

常盤井相国、出仕し給ひけるに、勅書を持ちたる北面あひ奉りて、馬より下りたりけるを、相国、後に、「北面なにがしは、勅書を持ちながら下馬し侍りし者なり。かほどの者、いかでか君につかうまつり候ふべき」と申されければ、北面を放たれにけり。

勅書を馬の上ながら捧げて見せ奉るべし。下(お)るべからずとぞ。

口語訳

常盤井相国が出仕された時に、勅書を持った北面が相国にお会いして、馬から下りたのを、相国、後に、「北面なにがしは、勅書を持ったまま下馬しました者です。このような者が、どうして君にお仕えできましょうか」と申されたので、北面をクビになった。

勅書を馬の上に乗ったまま、捧げてお見せするべきだったのだ。下りるべきではなかった。

語句

■常盤井相国 西園寺実氏。後深草・亀山天皇の外祖父として権威をふるった。西園寺公経の子。西園寺家は承久の乱以降、都で栄達を極めた。寛元4年(1246年)太政大臣。京極常盤井に館があったため。文永6年(1269)没。76歳。 ■勅書 天皇の勅命をしたためた文書。 ■北面 院の御所を警護した。院の御所の北面に伺候所があったので北面という。

メモ

●西園寺家→鹿苑寺金閣
●承久の乱、西園寺公経

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク