第九十五段 箱のくりかたに緒を付くる事

箱のくりかたに緒を付くる事、いづかたに付け侍るべきぞ」と、ある有職(ゆうそく)の人に尋ね申し侍りしかば、「軸に付け、表紙に付くる事、両説(りょうせつ)なれば、いづれも難なし。文(ふみ)の箱は、多くは右に付く。手箱には軸に付くるも常の事なり」と仰せられき。

口語訳

箱のくりかた(穴)の所に緒をつける時、左右どちらに付けますものですか」と、ある有職故実に詳しい人に尋ねました所、「軸(左)に付ける説、表紙(右)に付ける説。両方の説があるので、どちらでも差支えない。文を入れる箱は、多くは右に付ける。手箱には軸に付けるのも普通のことである」と仰せられた。

語句

■箱のくりかた 手箱・文箱などの箱の蓋の両側に、円型や山型の穴が空いている。この部分に緒(ひも)をつける環がある。 ■緒 箱のふたを閉め、固定するための紐。 ■有職の人 朝廷の有職故実(儀式や習慣)に詳しい人。 ■軸・表紙 文箱や手箱の緒は左右片方につけた。巻物の軸にあたるのが左側。巻物の表紙にあたるのが右側。

メモ

●兼好はこまかな有職故実に強い関心を示している。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク