第百二十六段 ばくちの負けきはまりて、

ばくちの負けきはまりて、残りなく打ち入れんとせんにあひては、打つべからず。たちかへり、つづけて勝つべき時の到れると知るべし。その時を知るを、よきばくちと言ふなり」と、或者申しき。

口語訳

「ばくちの負けがこんで、賭物を残りなく懸けようとする相手に対して勝負を挑んではならない。今は逆転して、連勝する潮時が来たと知るべきだ。その時を知るのを、よいばくち打ちと言うのだ」と、ある人が申した。

語句

■残りなく 手元に残った懸物をすべて、の意。 ■たちかへり それまでとは逆に。

メモ

■ばくちの話が多い。よほど兼好はたしなんだか。
■カイジ
■人生もまた
■孫子 敵を追い詰めすぎてはならない。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク