第百四十一段 悲田院尭蓮上人は、

悲田院(ひでんいんの)尭蓮上人(ぎょうれんしょうにん)は、俗姓(ぞくしょう)は三浦の某(なにがし)とかや、さうなき武者なり。故郷(ふるさと)の人の来りて物語すとて、「吾妻こそ、言ひつる事は頼まるれ、都の人は、ことうけのみよくて、実(まこと)なし」と言ひしを、聖、「それはさこそおぼすらめども、おのれは都に久しく住みて、馴れて見侍るに、人の心劣れりとは思ひ侍らず。なべて心やはらかに、情あるゆゑに、人の言ふほどの事、けやけく否びがたくて、万(よろづ)え言ひ放たず、心弱くことうけしつ。偽りせんとは思はねど、乏(とも)しくかなはぬ人のみあれば、おのづから本意(ほい)とほらぬ事多かるべし。吾妻人は我がかたなれど、げには心の色なく、情おくれ、ひとへにすくよかなるものなれば、始めより否と言ひてやみぬ。にぎはひ豊かなれば、人には頼まるるぞかし」とことわられ侍りしこそ、この聖、声うちゆがみ、あらあらしくて、聖教(しょうぎょう)のこまやかなることわり、いとわきまへずもやと思ひしに、この一言の後、心にくくなりて、多かるなかに寺をも住持せらるるは、かくやはらぎたる所ありて、その益(やく)もあるにこそと覚え侍りし。

口語訳

悲田院の尭蓮上人は、俗姓は三浦の某とかいったとかで、比類ない武者である。故郷である東国の人が来て物語をするといって、「関東人は、言ったことは信頼できる。都の人は、受け答えばかりよくて、実がない」と言ったのを、上人は、「あなたはそう思われるのでしょうが、私は都に長く住んで、馴れて見ておりますに、人の心が劣っているとは思いません。おしなべて心が柔和で、情深いために、人の言う事を、きっぱり断りがたくて、万事、言い切ることをせず、心弱く受け答えをします。偽りをしようと思うのではないければ、貧乏で思うにまかせない人ばかりあるので、自然と心のままに通らない事が多いようです。

関東人は私の故郷の人ですが、実は心のやさしさが無く、人情が劣り、ひたすら剛健なものですから、始めから「嫌です」と言って終わります。しかし富み栄えているので、人からは信頼されるのです」と道理をお説きになったのは、この聖は、言葉は関東なまりで荒々しくて、仏典のこまかな道理を、それほど理解していないのではないかと思っていたが、この一言の後は、奥ゆかしく思って、多くの僧がいる中に寺の管理・運営を行う住持とされたのは、その柔和な人柄のおかげもあるのかと思いました。

語句

■悲田院 孤児・病人などを収容した施設。はじめ大応寺(京都市上京区扇町)のあたりにあった。後に廃されて泉湧寺(東山区泉湧寺山内町)に移った。 ■尭蓮上人 伝未詳。 ■俗姓 出家以前の姓。 ■三浦 相模の三浦一族。もと平氏に属するが、源頼朝の旗揚げに味方し、鎌倉幕府で重要な地位をしめた。しかし宝治元年(1247年)北条時頼らに攻められて滅亡した(宝治合戦)。 ■さうなき 並びなき。 ■吾妻人 関東の人。 ■ことうけ 受け答え。 ■それは あなたは。 ■けやけく きっぱりと。 ■言ひ放つ 言い切る。 ■我がかた 自分と同郷の人。 ■げには 実は。 ■心の色 心のやさしさ。 ■情おくれ 人情が劣り。 ■すくよか 剛健。 ■にぎはひ豊か 富み栄えている。 ■ことわられ侍りしこそ 道理を説かれたのは。 ■声うちゆがみ 「うち」は接頭語。言葉は関東訛りがあり。 ■聖教 しょうぎょう。聖典・仏典。 ■もや のではないか。「もやあらん」の略。 ■多かるなかに 僧が多くいる中で。 ■住持 寺の第一の僧として管理・運営すること。 ■やはらぎたる 柔和な。 ■その益もあるにこそ そのお陰もあるのだろう。

メモ

■「京都人は性格が悪い」と言う関東人は多いが、京都にもいい人はいる。
■東京は悪徳業者やマルチ商法、宗教の勧誘を即、断らねばならないので、自然と否定語が身に付く。
■人による

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク