第百四十五段 御随身秦重躬、北面の下野入道信願を、

御随身秦重躬(みずいじんはたのしげみ)、北面の下野入道信願(しもつけのにゅうどうしんがん)を、「落馬の相ある人なり。よくよく慎み給へ」と言ひけるを、いと真(まこと)しからず思ひけるに、信願馬より落ちて死ににけり。道に長じぬる一言、神のごとしと人思へり。

さて、「いかなる相ぞ」と人の問ひければ、「きはめて桃尻にして、沛艾(はいがい)の馬を好みしかば、この相を負(おー)せ侍りき。いつかは申し誤りたる」とぞ言ひける。

口語訳

御随身秦重躬(みずいじんはたのしげみ)が、北面の武士下野入道信願(しもつけのにゅうどうしんがん)を、「あなたは落馬する人相がある人です。よくよく注意なさい」と言ったのを、まったく本当には思わなかったが、信願は馬から落ちて死んだ。その道に精通にした専門家の一言は、神のようだと人々は思った。

さて、「それはどんな相だったのですか」と人が質問したところ、「大変桃尻であり、また気性が荒く、飛び上がる馬を好んだので、この落馬の相をあてはめたのです。私がいつ間違いを言いましたか」と言ったということである。

語句

■御随身 上皇・摂関・大臣などが外出の際、勅命によりお供をした近衛府の武官。「御」は敬った表現。 ■秦重躬 後宇多院に仕えた随身。秦氏は代々多くの随身が出た。 ■北面 北面の武士。院の御所を警護した。院の御所の北方に伺候したので北面の武士という。 ■下野入道信願 伝未詳。 ■落馬の相 落馬する人相。 ■桃尻 桃の実のように座りの悪い尻の形。 ■沛艾(はいがい)の馬 気性が荒く、飛び上がる馬。 ■おほす あてはめる。負わせる。

メモ

■御随身、桃尻、沛艾(はいがい)の馬
■専門家の一家人はスゴイ、という話と見せて、落ちがつく。
■専門家でなくとも「見ればわかる」というレベル

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク