第百五十四段 この人、東寺の門に

この人、東寺の門に雨宿りせられたりけるに、かたはものどもの集りゐたるが、手も足もねぢゆがみ、うちかへりて、いづくも不具に異様(ことよう)なるを見て、とりどりにたぐひなき曲者なり、尤も愛するに足れりと思ひて、まもり給ひけるほどに、やがてその興つきて、見にくく、いぶせく覚えければ、ただすなほにめづらしからぬ物にはしかずと思ひて、帰りて後、この間植木を好みて、異様に曲折あるを求めて目を喜ばしめつるは、かのかたはを愛するなりけりと、興なく覚えれば、鉢に植ゑられける木ども、皆堀り捨てられにけり。さも有りぬべき事なり。

口語訳

この資朝卿は、東寺の門に雨宿りなさっていた所、身障者たちが集まっていたが、手も足もねじゆがみ、反り返って、誰もが不具であり異様であるのを見て、さまざまに比べようもない変わり者である、大いに愛するに足ると思って、見守っておられる内に、すぐにその興が尽きて、醜く、いとわしく思ったので、ただ素直で珍しくないのが一番と思って、帰って後、この間植木を好んで、異様に曲り折れたのを買い求めて目を喜ばせていたのは、あの障碍者たちを愛するようなものだと、つまらなく思ったので、鉢に植えておられた多くの木を、皆堀り捨てられたということだ。いかにも、ありそうなことだ。

語句

■この人 資朝卿。ここまで三段資朝の逸話が続く。 ■東寺 金光明四天王教王護国寺の通称。真言宗東寺派の総本山。京都市南区九条大宮西に現存。平安京造営時に桓武天皇により旧羅城門の東に造営された(羅城門西の西寺は後に廃される)。弘仁14年(823年)嵯峨天皇より空海に下賜された。以後、真言密教の道場として栄える。 ■うちかへりて ひっくり返って。 ■曲者 変わり者。 ■尤も 大いに。 ■まもる 見守る。 ■いぶせし 不快だ。

メモ

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク