第百六十六段 人間の営みあへるわざを見るに

人間の営みあへるわざを見るに、春の日に雪仏を作りて、そのために金銀・珠玉の飾りを営み、堂を建てんとするに似たり。その構へを待ちて、よく安置(あんぢ)してんや。人の命ありと見るほども、下より消ゆること、雪のごとくなるうちに、営み待つ事甚(はなた)だ多し。

口語訳

人間の互いに励みあっている仕事を見ると、春の日に雪の仏を作って、そのために金銀・宝玉の飾りを取り付け、堂を建てることに似ている。その堂が完成するのを待って、雪仏をうまく安置できるだろうか。人の命はまだあると見ているうちに、下から消えていくことは雪のようである中で、あくせく働いて何かを期待していることが、とても多い。

語句

■よく安置してんや 仏を安置することができるだろうか。「よく~す」は「~できる」。「や」は反語。 ■営み待つ あくせくと働いて、何かを期待する。

メモ

■比喩のたくみさ
■無常

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク