第百六十七段 一道に携る人、あらぬ道の筵に臨みて

一道(いちどう)に携(たずさわ)る人、あらぬ道の筵(むしろ)に臨みて、「あはれ、わが道ならましかば、可くよそに見侍らじものを」と言ひ、心にも思へる事、常のことなれど、よにわろく覚ゆるなり。知らぬ道のうらやましく覚えば、「あなうらやまし。などか習はざりけん」と言ひてありなん。

我が智をとり出でて人に争ふは、角(つの)あるものの角を傾(かたぶ)け、牙あるものの牙を咬み出だす類なり。

人としては善にほこらず、物と争はざるを徳とす。他(た)に勝(まさ)ることのあるは、大きなる失(しつ)なり。品(しな)の高さにても、才芸すぐれたるにても、先祖の誉にても、人に勝れりと思へる人は、たとひ言葉に出でてこそ言はねども、内心にそこばくの咎(とが)あり。慎みてこれを忘るべし。痴(おこ)にも見え、人にも言ひ消(け)たれ、禍(わざわい)をも招くは、ただ、この慢心なり。一道にも誠(まこと)に長じぬる人は、自ら明らかにその非を知る故に、志 常に満たずして、終(つい)に物に伐(ほこ)る事なし。

口語訳

「一つの専門の道に携わる人が、専門外の分野の会合に参加して、「ああ、私の専門分野の話だったら、こんなふうに門外漢として傍観してはいませんのに」と言い、心にも思う事は常のことであるが、たいそう悪く思われるのだ。知らない分野のことがうらやましく思うなら、「ああうらやましい。どうしてこの分野を習わなかったのだ」と言っていればいいのだ。

自分の知恵を取り出して人に争うのは、角のある動物が角を傾けてつっかかっていき、牙のある動物が牙をむき出しにして噛みつく類である。

人としてはよい行いを自慢せず、人と争わないのをよしとする。他人より優れていることがあるのは、大きな欠点なのだ。身分や家柄の高さにおいても、学問・芸能のすぐれていることも、先祖の名声も、人より優れていると思う人は、たとえ言葉に出してこそ言わずとも、内心に多大な欠点がある。

慎んでこれ(自分が人より優れていること)を忘れるべきだ。バカに見えるし、人からも非難されるし、災いをも招くのは、この驕りたかぶる心である。一つの道に本当に精通している人は、自らはっきりとその未熟さを知っているが故に、望みが常に満たされることがなく、最後まで、何事も人に自慢することが無いのである。

語句

■一道(いちどう)に携(たずさわ)る人 一つの専門の道に携わる人。 ■筵 会合の席。 ■よに ひどく。 ■物と争はざる 人と争わない。 ■品の高さ 身分・家柄。 ■才芸 学問・芸能。 ■そこばくの 多くの。 ■咎 欠点。 ■言ひ消たれ 非難する。 ■志 常に満たず 望みは常に満たされることがなく。 ■物に伐る 人に自慢する。

メモ

■専門外へのコメントは見苦しい。
■教育分野は誰もが一家言あると思っている。誰もが一度は学校に通っているからであろう。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク