第百六十八段 年老いたる人の、一事すぐれたる才のありて

年老いたる人の、一事すぐれたる才(ざえ)のありて、「この人の後には、誰にか問はん」など言はるるは、老の方人(かとうど)にて、生けるも徒らならず。さはあれど、それも廃れたる所のなきは、一生この事にて暮れにけりと、拙く見ゆ。「今は忘れにけり」と言ひてありなん。大方は、知りたりとも、すずろに言ひ散らすは、さばかりの才にはあらぬにやと聞え、おのづから誤りもありぬべし。「さだかにも弁(わきま)へ知らず」など言ひたるは、なほまことに、道の主(あるじ)とも覚えぬべし。まして、知らぬ事、したりがほにおとなしく、もどきぬべくもあらぬ人の言ひ聞かするを、「さもあらず」と思ひながら聞きゐたる、いと侘し。

口語訳

年老いた人が、一つの専門分野の才能があって、「この人が死んだ後には、誰に質問しよう」など言われるのは、こういう人は老いの心強い味方であって、生きているのも無駄ではない。

そうは言っても、そういう人で、衰えた所がまったく無いのも、一生この一事だけをして晩年になったのだと、つまらなく思われる。「今は忘れてしまった」と言っておくのがよい。

だいたいにおいては、知っていることでも無闇に言い散らすのは、それほどの才能では無いのかしらと思われ、自然と失敗も多くなってくるはずである。「はっきりとは理解しておりません」などと言うのは、やはり、本当に、その道の権威者とも思われるに違いない。

まして、知らない事を、したり顔で、高齢の方が、非難しようも無い人たちに言い聞かせているのを、「そうでもないな」と思いながら聞いているのは、たいそう侘しいものだ。

語句

■才 才能。 ■方人 心強い味方。 ■徒らならず 無駄ではない。 ■廃れたる 老い衰えた。 ■廃れたる所 衰えた所。 ■すずろに むやみに。 ■おのづから 自然 ■さだかにも 確かに。 ■弁へ知る 理解する。 ■道の主 一つの道をきわめた権威者。 ■大人しく 年配で。■もどく 非難する。 

メモ

■老害問題。昔ワルだった問題
■ビジネスにアドバイスしたがる
■「ウチで売ります」「プロデュースします」←余計なお世話。
■べらべら喋ったほうが本人にとっては記憶の強化になるが。歴史。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク