第百七十二段 若き時は、血気うちにあまり

若き時は、血気うちにあまり、心、物にうごきて、情欲多し。身を危ぶめて砕けやすき事、球(たま)を走らしむるに似たり。美麗を好みて宝を費し、これを捨てて苔の袂にやつれ、勇める心盛りにして、物と争ひ、心に恥ぢうらやみ、好む所日々に定まらず。色にふけり情にめで、行ひをいさぎよくして百年(ももとせ)の身を誤り、命を失へる例(ためし)願はしくして、身の全く久しからん事をば思はず、好ける方に心ひきて、ながき世語りともなる。身をあやまつることは、若き時のしわざなり。

老いぬる人は、精神おとろえ、淡く疎(おろそ)かにして、感じ動く所なし。心おのづから静かなれば、無益(むやく)のわざをなさず、身を助けて愁(うれえ)なく、人の煩ひなからん事を思ふ。老いて智の若き時にまされる事、若くして、かたちの老いたるにまされるが如し。

口語訳

若い時は血気がありあまっていて、心が物に触れるたびに動揺し、情欲が多い。身を危険にさらして砕けやすい事は、球を走らせるのに似ている。華美なことを好んで財産を浪費し、(そうかと思うと)これを捨てて出家してみすぼらしい僧衣に身をやつし、勇む心はさかんで、人と争い、心に恥じたりうらやんだり、好む所は日々一定でない。女色にふけり色恋に夢中になり、思い切りよく行って、将来を台無しにして、命を失う例を好ましいこととして、天寿をまっとうすることを願わず、好きな方向に心引かれて、末長く世間の語り草ともなる。身を誤ることは、若い時のしわざである。

老人は、精神が衰え、淡泊でおおざっぱで、心が動く所が無い。心は自然と静かであるので、無益なことをしない。わが身を安全に保って心配事はなく、人の迷惑にならない事を思う。老いて智慧の若者に勝っているのは、若者が容貌において老人に勝っているのと同じだ。

語句

■若き時は、血気うちにあまり… 「少(わか)き時は血気未だ定まらず、これを戒むること色に在り」(論語・季氏)。 ■身を危めて わが身を危険にさらして。 ■美麗 華美。 ■苔の袂 出家して僧になることを暗示。「みな人は花の衣にならぬなり苔の袂よかわきだにせよ」(『古今集』哀傷・僧正遍昭)。 ■情けにめで 色恋に夢中になり。 ■行ひをいさぎよくして 思い切りよく行って。 ■百年の身を誤り 将来を台無しにして。 ■世語り 世間の語り草。 ■淡く 淡泊で。 ■疎か おおざっぱであること。 ■身を助けて わが身を安全に保って。 ■愁なく 心配がなく。 ■人の煩ひ 他人の迷惑。

メモ

●最近は智の無い老人も多い。むしろ若者より多い。人の欠点は歳を取るにつれ増大し、美点は縮小されるものと思われる。
●若気の至り。イレズミとか。「昔はワルだった」も見苦しい。
●大学中退

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク