第百九十五段 或人久我縄手を通りけるに

或人久我縄手を通りけるに、小袖に大口(おおくち)きたる人、木造りの地蔵を田の中の水におし浸して、ねんごろに洗いけり。心得難く見るほどに、狩衣の男二人三人(ふたりみたり)出(い)できて、「ここにおはしましけり」とて、この人を具して去(い)にけり。久我内大臣殿(くがのないだいじんどの)にてぞおはしける。尋常(よのつね)におはしましける時は、神妙にやん事なき人にておはしけり。

口語訳

ある人が久我縄手を通った所、小袖に大口を着た人が、木造りの地蔵を田の中の水に浸して念入りに洗っていた。事情がわからず見ていた所、狩衣を着た男がに三人出てきて、「ここにいらっしゃった」といって、この人を連れて去ってしまった。久我内大臣殿でいらっしゃった。正気でいらした時は、立派で気品のある方でいらっしゃった。

語句

■久我縄手 久我(京都市伏見区久我)を通る道の古い言い方。桂川の右岸。北は鳥羽作道に、南は羽束師(はづかし)を経て山崎に到る。 ■狩衣 貴族の平服。 ■久我内大臣殿 源通基(1240-1308)。正応元年(1288年)内大臣。 ■尋常に 正気で ■神妙に 立派で。

メモ

■狂気を描写。
■久我縄手
■源通基の家系である堀河家に兼好は仕えていた。その遠慮からか、最後は弁護している。また、自身が見たのではなく第三者の目を通して描いている。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク