第百九十七段 諸寺の僧のみにもあらず、定額の女孺といふ事

諸寺(しょじ)の僧のみにもあらず、定額(じょうがく)の女孺(にょじゅ)といふ事、延喜式に見えたり。すべて、数さだまりたる公人(くにん)の通号(つうごう)にこそ。

口語訳

「定額(じょうがく)」という用語は、寺々の僧についてのみ言われる用語ではない。定額(じょうがく)の女孺(にょじゅ)といふ事が、延喜式に見えている。すべて、定員が決まっている下級役人に共通する呼び方なのだ。

語句

■諸寺の僧のみにもあらず 「定額」という言葉は、諸寺の僧のみについて使われる言葉ではない、の意。「定額僧」は特定の寺に定員を定めて置かれ供料(給料)をもらっていた僧。単に「定額」とも。 ■定額 定まった額。数量。各寺に、一定の人数を決めて、僧を置いた。それを「定額僧」といった。 ■女孺 宮中の雑役に従事する下級の女官。 ■延喜式 五十巻。延喜5年(905年)醍醐天皇の勅命により藤原時平・忠平らが編纂。宮中の儀礼・作法などを記した書。 ■公人 宮中に仕える下級役人。 ■通号 共通した名称。

メモ

●考証的章段。現代的な意味はまったく感じられない。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク