第二百二段 竹谷乗願房

竹谷乗願房(たけだにのじょうがんぼう)、東二条院(とうにじょうのいん)へ参られたりけるに、「亡者の追善には、何事か勝利多き」と尋ねさせ給ひければ、「光明真言(こうみょうしんごん)・宝篋院陀羅尼(ほうきょういんだらに)」と申されたりけるを、弟子ども、「いかにかくは申し給ひけるぞ。念仏にまさる事さぶらふまじとは、など申し給はぬぞ」と申しければ、「我が宗なれば、さこそ申さまほしかりつれども、まさしく、称名を追福(ついふく)に修(しゅ)して巨益(きょやく)あるべしと説ける経文を見及ばねば、何に見えたるぞと重ねて問はせ給はば、いかが申さんと思ひて、本経(ほんぎょう)の確かなるにつきて、この真言・陀羅尼をば申しつるなり」とぞ申されける。

口語訳

(法然上人の弟子である)竹谷乗願房が、東二条院のお屋敷へ参られた時、「亡くなった方の供養には、何をするのが利益が多いか」とお尋ねになったので、「光明真言(こうみょうしんごん)・宝篋院陀羅尼(ほうきょういんだらに)」と申されたのを、、弟子たちが、「どうしてそのようにお申上げになったのですか。念仏にまさる事はございませんとは、どうしてお申上げにならなかったのですか」と申したので、「我が浄土宗のことなので、そう申し上げたかったが、はっきりと称名を供養に行って莫大な利益があると説いている経文を見かけないので、何の経文に見えるぞと重ねてご質問になられたので、どう申し上げようと思って、根拠となる確実な経文に基づいて、この真言・陀羅尼を申したのだ」と申された。

語句

■竹谷乗願房 法然の弟子。諱(いみな)は宗源。権中納言藤原長方の子。最初真言密教を学んだが後に浄土宗に転じた。京都市醍醐の竹谷に隠棲し竹谷上人と呼ばれた。 ■東二条院 後深草天皇の中宮公子。西園寺実氏の娘。 ■追善 供養。 ■勝利 利益。 ■光明真言 真言密教で唱える陀羅尼(真言)の一つ。『光明真言経』に説かれている。これを唱えると仏の光明を得て罪が浄化されるという。 ■宝篋院陀羅尼 『宝篋院陀羅尼経』に説かれる陀羅尼。 ■我が宗 浄土宗。 ■称名 阿弥陀仏の御名を唱えること。念仏。 ■追福 追善に同じ。 ■巨益 莫大なご利益。 ■本経の確かなる 根拠となる確実な経文。「の」は同格。 ■つきて 基づいて。

メモ

■専修念仏

関連

法然の生涯
音声つきで法然の生涯を解説しています。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク