第二百二十七段 六時礼賛は

六時礼賛は、法然上人の弟子、安楽といひける僧、経文を集めて造りて、勤めにしけり。その後、太秦善観房(うづまさのぜんこうぼう)といふ僧、節博士(ふしはかせ)を定めて、声明(しょうみょう0)になせり。一念の念仏の最初なり。後嵯峨院(ごさがのいん)の御代(みよ)より始まれり。法事讃(ほうじのさん)も、同じく善観房始めたるなり。

口語訳

六時礼賛というものは、法然上人の弟子で安楽といった僧が、経文の文句を集めて作って、勤行に用いたのである。その後、太秦善観房という僧が、節博士(詞の横に書かれた節の長短・高低などをあらわす符号)を定めて、声明に仕立てた。一念の念仏のはじめである。後嵯峨院の御代から始まっている。法事讃も、同じく善観房が始めたのである。

語句

■六時礼賛 浄土宗で、晨朝(じんちょう)・日中・日没・初夜・中夜・後夜の六時に阿弥陀仏を礼賛して唱える偈頌(げじゅ)。「偈頌」は「偈(げ)」に同じ。詩句の形式で、教理や仏・菩薩をほめたたえた言葉。ふつう唐の善導大師の『往生礼賛偈』が用いられる。 ■法然上人 源空(1133-1212)。浄土宗の開祖。第三十九段参照。 ■安楽 法然の弟子。同門の住蓮とともに東山鹿谷で六時礼賛会を開く。美貌・美声で知られ女性ファンが多かった。後鳥羽院の寵愛していた松虫姫と鈴虫姫が安楽の影響で出家。後鳥羽院は激怒。安楽・住蓮は六条河原で処刑される。監督不足ということで法然は讃岐に、親鸞は越後に島流しになった。これを建永の法難という。 ■経文を集めて造りて 経文の文句を集めて作って。こういう事実は伝わっていない。 ■勤めにしけり 勤行に用いた。 ■太秦善観房 伝未詳。京都市右京区太秦の広隆寺の僧か。 ■節博士 声明・平曲などの詞の横に書かれた符号。節の長短・高低などをあらわす。 ■声明 経文の偈頌(げじゅ)に節をつけ、朗詠するもの。 ■一念の念仏 未詳。 ■法事讃 『浄土法事讃』とも。唐の善導大師の『転経典行道願往生浄土法事讃』の略。浄土宗で法事に用いられる。それを声明に仕立てたのが善観房ということか?

メモ

■六時礼賛
■建永の法難。哲学の道沿いの安楽寺。松虫姫と鈴虫姫。
■大原の勝林院 天台声明の発祥。

関連

法然の生涯
法然の生涯を物語風に語っています。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク