第二百三十三段 万の咎あらじと思はば

万(よろづ)の咎あらじと思はば、何事にもまことありて、人を分かず、うやうやしく、言葉少なからんにはしかじ。男女(なんにょ)・老少(ろうしょう)、皆さる人こそよけれども、ことに、若くかたちよき人の、ことうるはしきは、忘れがたく、思ひつかるるものなり。

万(よろづ)の咎は、馴れたるさまに上手めき、所得たるけしきして、人をないがしろにするにあり。

口語訳

万事につけて難点があるまいと思うなら、何事にもま心を持ち、人を差別せず、うやうやしくして、言葉は少ないのが一番だ。男も女も、老人も、若者も、こういう人は誰でもいいものだが、ことに若くて容姿にすぐれた人で、言葉遣いがいいのは、忘れがたく、心引かれるものである。

万事につけて難点となるのは、物馴れた態度で上手ぶり、得意げな態度で人を軽んずることにある。

語句

■咎 難点。 ■ことうるはしき 言葉遣いがいい。 ■思ひつかるる 心引かれる。 ■馴れたるさま 物馴れた様子。 ■上手めき 上手ぶる。 ■所得たるけしき 得意げな態度。 ■人をないがしろにする 人を軽んずる。

メモ

■やはり後半になるほど偏屈で説教くさくなる。前半のような鋭い皮肉も言葉のキレも見えない。
■若者は才気ばしって老人をフフンとせせら笑っているくらいがいいと思うが。
■そもそも若者が「万事につけて難点があるまいと」思うだろうか?ふつうは思わない。兼好の言には相手の立場に立ち、相手の求めることを述べるマーケティング的観点が欠けている。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク