第二百三十七段 柳筥に据ゆるものは

柳筥に据ゆるものは、縦様(たてさま)・横様(よこさま)、物によるべきにや。「巻物などは縦様に置きて、木の間(あわい)より紙ひねりを通して結ひつく。硯も縦様に置きたる、筆転ばず、よし」と、三条右大臣殿仰せられき。

勘解由小路(かでのこうぢ)の家の能書の(のうじょ)の人々は、かりにも縦様に置かるる事なし。必ず縦様に据ゑられ侍りき。

口語訳

柳箱に据ゆるものは、柳に対して縦に置くか、横に置くかは、物によるのだろうか。「巻物などは縦に置いて、竹と竹の間からこよりを通して結びつける。硯も縦に置く。筆が転がらないのが、いい」と、三条右大臣殿が仰せになった。

しかし(書家の家系として有名な)勘解由小路家の書をよくする人々は、かりそめにも縦に置かられ事は無い。必ず横に置かれました。

語句

■柳筥 やないばこ。柳の枝を並べ、二か所を糸で結び、すのこのようにして、足をつけたもの。もとは箱だが、箱の蓋の部分を模して独立した台としたもの。 ■縦様・横様 並んだ柳の枝と並行に置くのが縦様、直角に置くのが横様。柳の並びに対してどう置くかということ。「さま」は向き・方角を指す接尾語。 ■木の間 網並べた竹と竹の間。 ■紙ひねり こより。 ■筆転ばず 竹に沿って置くので、転がっていかないのである。 ■三条右大臣 未詳。 ■勘解由小路 世尊寺家。能書家藤原行成の子孫。代々書をよくした。 ■能書 書の名人。

メモ

■柳箱
■最後の考証的章段。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク