平家物語 百十五 山門御幸(さんもんごかう)

原文

寿永(じゆえい)二年七月廿四日夜半(にじふしにちやはん)ばかり、法皇は按察大納言資賢卿(あぜちのだいなごんすけかたのきやう)の子息、右馬頭資時(うまのかみすけとき)ばかり御供(おとも)にて、ひそかに御所を出でさせ給ひ、鞍馬(くらま)へ御幸(ごかう)なる。鞍馬の寺僧(じそう)ども、「是(これ)は尚(なほ)都ちかくて、あしう候(さうら)ひなむ」と申すあひだ、篠(ささ)の峰(みね)、薬王坂(やくわうざか)なンど申すさがしき嶮難(けんなん)を凌(しの)がせ給ひて、横河(よかわ)の解脱谷(げだつだに)、寂場坊(じやくじやうぼう)、御所になる。大衆(だいしゆ)おこッて、「東塔(とうだふ)へこそ御幸あるベけれ」と申しければ、東塔の南谷(みなみだに)、円融房(えんゆうぼう)、御所になる。かかりければ、衆徒(しゆと)も武士(ぶし)も、円融房を守護し奉る。法皇は仙洞(せんとう)を出でて天台山(てんだいさん)に、主上(しゆしやう)は鳳闕(ほうけつ)をさッて西海(さいかい)へ、提政殿(せつしやうどの)は 吉野(よしの)の奥とかや。女院(にようゐん)、宮々(みやみや)は八幡(やはた)、賀茂(かも)、嵯峨(さが)、太秦(うづまさ)、西山(にしやま)、東山(ひがしやま)のかたほとりについて、にげかくれさせ給へり。平家はおちぬれど、源氏はいまだ入りかはらず。既(すで)に此(この)京はぬしなき里にぞなりにける。開闢(かいひやく)よりこのかた、かかる事あるべしともおぼえず。聖徳太子(しやうとくたいし)の未来記(みらいき)にも、今日(けふ)の事こそゆかしけれ。

法皇天台山(てんだいさん)にわたらせ給ふと聞えさせ給ひしかば、馳(は)せ参らせ給ふ人々、其比(そのころ)の入道殿とは前関白松殿(さきのくわんぱくまつどの)、当殿(たうとの)とは近衛殿(こんゑどの)、太政大臣(だいじやうだいじん)、左右大臣(さうのだいじん)、内大臣、大納言、中納言、宰相(さいしやう)、三位四位五位の殿上人、すべて世に人とかぞへられ、官加階(くわんんかかい)に望(のぞみ)をかけ、所帯所職(しよたいしよしよく)を帯(たい)する程の人の、一人(いちにん)ももるるはなかりけり。円融房(えんゆうばう)には、あまりに人参りつどひて、堂上(たうしやう)、堂下(たうか)、門外(もんぐわい)、門内(もんない)、ひまはざまもなうぞみちみちたる。山門の繁昌(はんじやう)、門跡(もんぜき)の面目(めんぼく)とこそ見えたりけれ。

同(おなじき)廿八日に法皇都へ還御(くわんぎよ)なる。木曾(きそ)五万余騎にて守護し奉る。近江源氏山本(あふみげんじやまもと)の冠者義高(くわんじやよしたか)、白旗(しらはた)さいて先陣(せんぢん)に供奉(ぐぶ)す。この廿余年(にじふよねん)見えざりつる白旗の、今日(けふ)はじめて都へいる。めづらしかりし事どもなり。

さるほどに十郎蔵人行家(じふらうくらんどゆきいへ)、宇治橋(うぢばし)をわたッて都へいる。陸奥新判官義康(みちのくのしんはうぐわんよしやす)が子、矢田判官代義清(やたのはうぐわんだいよしきよ)、大江山(おほえやま)をへて上洛(しやうらく)す。摂津国(つのくに)、河内(かはち)の源氏ども、雲霞(うんか)のごとくに同じく都へ乱れいる。凡(およ)そ京中(きようじゆう)には源氏の勢(せい)みちみちたり。勘解由小路(かでのこうじ)の中納言経房卿(ちゆうなごんつねふさのきやう)、検非違使別当左衛門督実家(けンびゐしのべったうさゑもんのかみさねいへ)、院(ゐん)の殿上(てんじやう)の簀子(すのこ)に候ひて、義仲(よしなか)、行家(ゆきいへ)を召す。木曾は赤地(あかぢ)の錦(にしき)の直垂(ひたたれ)に、唐綾威(からあやをどし)の鎧(よろひ)着て、いか物づくりの太刀をはき、切斑(きりふ)の矢負ひ、滋籐(しげどう)の弓脇(わき)にはさみ、甲(かぶと)をばぬぎ高紐(たかひも)にかけて候。十郎蔵人は紺地(こんぢ)の錦の直垂に、緋威(ひをどし)の鎧着て、こがねづくりの太刀をはき、大中黒(おほなかぐろ)の矢負ひ、塗籠藤(ぬりごめどう)の弓脇(わき)にはさみ、是(これ)も甲をばぬぎ高紐にかけ、ひざまづいて候ひけり。前内大臣宗盛公以下(さきのないだいじんむねもりこういげ)、平家の一族追討(いちぞくついたう)すべきよし仰せ下さる。両人庭上(りやうにんていしやう)に畏(かしこま)ッて承る。おのおの宿所(しゆくしよ)のなきよしを申す。木曾は大膳大夫業忠(だいぜんのたいぶなりただ)が宿所、六条西洞院(ろくでうにしのとうゐん)を給はる。十郎蔵人は法住寺殿(ほふぢゆうじどの)の南殿(みなみどの)と申す萱(かや)の御所をぞ給はりける。法皇は主上外戚(しゆしやうぐわいせき)の平家にとらはれさせ給ひて、西海(さいかい)の浪(なみ)のうへにただよはせ給ふ事を御歎(おんなげき)あッて、主上?(なら)びに、三種神器(さんじゆのじんぎ)、都へ返しいれ奉るべき由、西国へ院宣(ゐんぜん)を下されたりけれども、平家用ゐ奉らず。

現代語訳

寿永二年七月二十四日の夜半、後白河法皇は按察(あぜち)大納言資賢卿(すけかたのきょう)の子息、右馬頭資時(うまのかみすけとき)だけをお供に連れて、秘かに御所をお出になり、鞍馬へ御幸された。鞍馬の寺僧共が、「ここはまだ都に近いので良くないでしょう」と申すので、篠(ささ)の峰、薬王坂という危険で険しい難所をお越えになって、横河(よかわ)の解脱谷(げだつたに)にある寂場坊(じゃくじょうぼう)が一時的に御所になったが、衆徒が大勢で、「東搭へ御幸なさるべきでしょう」と申したので東搭の南谷にある円融坊が御所になる。そういうことで、衆徒も武士も、円融坊をお守りする。法皇は院の御所を出て、比叡山に、主上は天子の御所を去って西海へ、摂政殿は吉野の奥へお逃げになったそうである。女院(にょういん)・宮方は八幡(やはた)・賀茂(かも)・嵯峨(さが)・太秦(うずまさ)・西山・東山の片田舎に身を寄せてお逃げ隠れになった。平家は落ちてしまったが源氏はまだ都には入らず入れ替わらない。もはやこの京は主のいない里になってしまった。開闢(かいびゃう)以来、このような事があろうとは思いもつかない。聖徳太子の未来記にも、今日の事がどのように書かれているか見たいものだ。

法皇が比叡山にいらしゃるという噂がたったので、次のような人々が参集した。その頃の入道殿と言われた前関白松殿、当殿と言われた近衛殿、太政大臣、左右の大臣、内大臣、大納言、中納言、宰相、三位・四位・五位の殿上人などすべてが世に人として知られており、官位があがることに望みをかけ、所帯所職を有する程の人が一人も漏れる事は無かった。円融坊には、あまりに多くの人が集まって、堂上、堂下、門の外、門内は隙間もない程の人が満ち溢れた。山門は繁昌し、比叡山の明雲座主は面目を施したのであった。

同じ二十八日に法皇は都へお帰りになる。木曾の軍勢が五万余騎でお守りする。近江源氏山本((おうみのげんじやまもと)の冠者義高が白旗を掲げて先陣でお供をする。この二十余年見た事がなかった白旗が、今日初めて都へ入る、すばらしい事であった。

さて、十郎蔵人行家は宇治橋を渡って都へ入る。陸奥新判官義康の子、矢田判官代義清は大江山を越えて上洛する。摂津国、河内の源氏共も雲霞の如く同じく都へ乱入する。およそ京中には源氏の軍勢が満ち満ちたのであった。勘解由小路(かでのこうじ)の中納言経房卿(つねふさのきょう)、検非違使別当左衛門督実家(けびいしのべっとうさえもんのかみさねいえ)は院の御所の殿上の間の簀子に控えて、義仲・行家を呼ぶ。木曾は赤地の錦の直垂に、唐綾威の鎧を着て、いかめしい作りの太刀をはき、切斑(きりふ)の矢を負い、滋籐(しげどう)の弓を脇(わき)にはさみ、甲を脱いで高紐にかけて控える。十郎蔵人は、紺地の錦の直垂に、緋威(ひおどし)の鎧を着て、黄金作りの太刀をはき、大中黒の矢を負い、塗籠藤の弓を脇に挟んで、これも同じように甲を脱いで高紐にかけ、ひざまづいて控えた。法皇は前内大臣宗盛公以下の平家一族を追討するよう命令をお下しになる。両人は庭の上に畏まって承る。それぞれ宿所が無い事を申す。木曾は大膳大夫業忠(だいぜんのだいぶなりただ)の宿所である、六条の西洞院(にしのとういん)をいただく。十郎蔵人は法住寺殿の南殿と申す萱の御所をいただいたのであった。法皇は主上が外戚の平家にお捕われになって、西海の波の上で漂われていることをお嘆きになって、主上ならびに、三種の神器を都へ返し入れるよう、西国へ院宣を下されたが平家は聞き入れなかった。

原文

高倉院(たかくらのゐん)の皇子(わうじ)は、主上の外三所(ほかみところ)ましましき。二宮(にのみや)をば儲君(まうけのきみ)にし奉らむとて、平家いざなひ参らせて、西国へ落ち給ひぬ。三四は都にましましけり。同(おなじき)八月五日(いつかのひ)、法皇この宮たちをむかへ寄せ参らせ給ひて、まづ三の宮の五歳(ごさい)にならせ給ふを、「是へ是へ」と仰せければ、法皇を見参らッさせ給ひて、 大きにむつからせ給ふあひだ、「とうとう」とて出(いだ)し参らッさせ給ひぬ。其(その)後(のち)四の宮の四歳にならせ給ふを、「是へ」と仰せければ、すこしもはばからせ給はず、やがて法皇の御膝(ひざ)のうへに参らせ給ひて、よにもなつかしげにてぞましましける。 法皇御涙をはらはらとながさせ給ひて、「げにもすぞろならむ者は、かやうの老法師(おいぼふし)を見て、なにとてかなつかしげには思ふべき。是ぞ我(わが)まことの孫にてましましける。故院(こゐん)のをさなおひに、すこしもたがはせ給はぬ物かな。かかる忘れがたみを今まで見ざりける事よ」とて、御涙せきあへさせ給はず。 浄土寺(じやうどじ)の二位殿(にゐどの)、そのときはいまだ丹後殿(たんごどの)とて御前(ごぜん)に候はせ給ふが、「さて御ゆづりは、此(この)宮にてこそわたらせおはしましさぶらはめ」と申させ給へば、法皇、「子細(しさい)にや」とぞ仰せける。内々御占(ないないみうら)ありしにも、「四の宮位(くらゐ)につかせ給ひては、百王(はくわう)まで日本国(にッぽんこく)の御(おん)ぬしたるべし」とぞかんがへ申しける。

御母儀(おぼぎ)は七条修理大夫信隆卿(しつでうのしゆりのだいぶのぶたかのきやう)の御娘(おんむすめ)なり。建礼門院(けんれいもんゐん)のいまだ中宮(ちゆうぐう)にてましましける時、その御方(おかた)に宮づかひ給ひしを、 主上常は召されける程に、うちつづき宮あまたいできさせ給へり。信隆卿、御娘あまたおはしければ、いかにもして女御(にようご)、后(きさき)にもなし奉らばやとねがはれけるに、人の白い鶏(にはとり)を千かうつれば、其家(そのいへ)に必ず后(きさき)いできたるといふ事ありとて、鶏の白いを千そろへてかはれたりける故にや、此御娘(このおんむすめ)、皇子(わうじ)あまたうみ参らせ給へり。信隆卿内々(ないない)うれしうは思はれけれども、平家にもはばかり、中宮にもおそれ参らせて、もてなし奉る事もおはせざりしを、入道相国の北の方、八条(はちでう)の二位殿(にゐどの)、「苦しかるまじ。われそだて参らせて、まうけの君にし奉らむ」とて、御(おん)めのとどもあまたつけて、そだて参らせ給ひけり。

中にも四の宮は、二位殿のせうと、法勝寺執行能円法印(ほつしようじのしうぎやうのうゑんほういん)のやしなひ君にてぞましましける。法印平家に具せられて、西国(さいこく)へ落ちし時、あまりにあわてさわいで、北の方をも宮をも京都(きやうと)にすておき参らせて下られたりしが、西国よりいそぎ人をのぼせて、「女房(にようぼう)、宮(みや)具し参らせて、とくとくくだり給ふべし」と申されたりければ、北の方なのめならず悦(よろこ)び、宮いざなひ参らせて、西七条(にしのしつでう)なる所まで出(いで)られたりしを、女房のせうと紀伊守範光(きのかみのりみつ)、「是(これ)は物のついてくるひ給ふか、此宮の御運(ごうん)は只今(ただいま)ひらけさせ給はんずる物を」とて、とりとどめ参らせたりける次(つぎ)の日ぞ、法皇より御(おん)むかへの車は参りたりける。何事もしかるべきと事と申しながら、四の宮の御(おん)ためには、紀伊守範光奉公(ほうこう)の人とぞ見えたりける。されども四の宮位(くらゐ)につかせ給ひて後(のち)、そのなさけをもおぼしめしいでさせ給はず、朝恩(てうおん)もなくして歳月(ちしつき)をおくりけるが、せめての思(おもひ)のあまりにや、二首の歌をようで、禁中(きんちゆう)に落書(らくしよ)をぞしたりける。

一声(ひとこえ)は思ひ出(いで)てなけほととぎすおいその森の夜半(よは)のむかしを
籠(こ)のうちもなほうらやまし山がらの身のほどかくすゆふがほの宿(やど)

主上(しゆしやう)是を叡覧(えいらん)あッて、「あなむざんや、さればいまだ世にながらへてありけるな。今日(けふ)までこれをおぼしめしよらざりけるこそおろかなれ」とて、朝恩(てうおん)かうぶり、正三位(じやうざんみ)に叙せられけるとぞきこえし。

現代語訳

高倉院の皇子には、安徳天皇の外に三人の方がおられた。二宮を皇太子にし奉ろうと、平家がお誘いして、西国へ落ちられた。三宮、四宮は都にいらっしゃった。同じ八月五日、法皇はこの宮たちをお迎え寄せられて、まず三宮で五歳におなりになるのを、「是へ是へ」と仰せられたところ、三の宮は、法皇を御覧になって、たいそう嫌がってお泣きになったので、「さっさと帰りなさい」と言って、お出しになった。その後、四の宮の四歳におなりになるのを、「これへ」と仰せられたところ、三の宮とは違ってすこしも御遠慮なさらず、すぐに法皇の御ひざの上にお乗りになって、いかにも懐かしそうにしていらしゃった。法皇は御涙をはらはらとお流しになって、「まさにかかわりのない者が、このような老法師を見て、どうしてなつかしく思うだろうか。これこそ私の本当の孫でいらっしゃるのだ。故院の幼い頃の様子に少しも違ってはいらっしゃらぬ。こんな忘れ形見を今まで見たことはなかったよ」と言って、御涙が落ちるのをこらえようともなさらない。浄土寺の二位殿、その時はまだ丹後殿といって御前にお仕えになっていたが、「さて、天皇位については、この宮にお譲りになられるおつもりでしょうか」と申されると、法皇は、「言うまでもない。もちろんだ」と仰せられた。ないないに御占いもなされたが、占い師は、「四の宮が位にお着きになられたら、その後百代までの代々の天皇は日本国の主であるでしょう」という考えを申し上げた。

四の宮の御母君は七条修理大夫信隆卿の御娘である。建礼門院がまだ中宮でいらっしゃった時、その御方に宮仕えしていらっしゃったのを、天皇(高倉天皇)がいつもお側に呼んでおられるうちに、続いて多くの宮がお生まれになった。信隆卿は御娘をたくさんお持ちだったので、どうにかして女御や后にさせようと願われ、人が白い鶏を千羽飼えば、その家には必ず后が現れるという事があるのだと、白い鶏を千羽揃えて飼われたからであろうか、この御娘は皇子をたくさんお産みになった。信隆卿は内心では嬉しく思われていたが、平家にも遠慮され、中宮にも畏れ多いと申されて、この若君たちのお世話をなさらなかったが、入道相国の北の方、八条の二位殿が、「苦しゅうない。私がお育て申して皇太子にしてさしあげよう」といって、御乳母どもを多く付けて、お育てなさった。

なかでも四の宮は、二位殿の舅(しゅうと)、法勝寺の執行能円法印がお育てになった皇子でいらっしゃる。法印が平家と共に西国へ落ちたとき、余りにも慌て騒いで、北の方をも宮をも京都に捨て置き申し上げて下られたのであったが、西国より急いで人を上らせ、「女房や宮をお連れ申して早くお下りください」と申されたので、北の方はひとかたならずお喜びになり、宮をお誘いして、西七条という所までお出になったのを、女房の舅、紀伊守範光が、「これは物が憑いてお狂いなされたのか、この宮の御運は今開かれたのに」と言って、押し留め申し上げた次の日、法皇より御迎えの車が参ったのである。何事も運命であるとはいいながら、四の宮の御為にとって、紀伊守範光は功績のある人だと見えたのであった。しかし、四の宮が天皇におなりになった後、紀伊守の恩に報いる情けをおかけになることもなさらず、朝廷からの褒美もなく年月を送ったが、せめてもの思いのあまりであろうか、二首の歌を詠んで、禁中に落書きをしたのであった。

一声(ひとこえ)は思ひ出(いで)てなけほととぎすおいその森の夜半(よは)のむかしを
(ほととぎすよ一声鳴いてくれ、老蘇の森で鳴いた夜半の昔を思い出して)
籠(こ)のうちもなほうらやまし山がらの身のほどかくすゆふがほの宿(やど)
(狭い籠の中であってもうらやましい。夕顔の咲く貧しい家に身分を隠している山がらにとっては)

天皇はこれを御覧になって、「ああ気の毒なことをした。ではまだ長生きしておるのだな。今日までこの男の事に思いつかなかったのは愚かな事だ」と言って、朝廷からの御褒美を下され、正三位に叙せられたということであった。

次の章「平家物語 百十六 名虎(なとら)
朗読・解説:左大臣光永

【古典・歴史】メールマガジンはこちら