第三十六段 久しくおとづれぬ比、いかばかりうらむらんと

久しくおとづれぬ比、いかばかりうらむらんと、我が怠り思ひ知られて、言葉なき心地するに、女のかたより、仕丁(じちょう)やある、ひとり、など言ひおこせたるこそ、ありがたくうれしけれ。さる心ざましたる人ぞよき」と、人の申し侍りし、さもあるべき事なり。

口語訳

長い間女のもとを訪ねていない頃に、女がどれだけ怨んでいるだろうと、自分の怠慢が思い知られて言葉も無い心地がしている所へ、女の元から「下僕はありますか、いたら一人貸してください」など言いよこすのは、思いがけず嬉しいことだ。そのような心のありようの女こそ素晴らしい」と、人が申していたのは、いかにももっともな事である。

語句

■仕丁 しもべ。下僕。

メモ

■忘れていないと示すため、一定の接触を持たないといけない。人間関係はわずらわしいなあ。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク