第五十八段 道心あらば、住む所にしもよらじ。家にあり、人に交わるとも、

道心あらば、住む所にしもよらじ。家にあり、人に交わるとも、後世を願はんに難かるべきかは」と言ふは、さらに後世知らぬ人なり。げにはこの世をはかなみ、必ず生死(しょうじ)を出でんと思はんに、なにの興ありてか、朝夕(あさゆう)君に仕へ、家を顧みる営みのいさましからん。心は縁にひかれてうつるものなれば、閑(しづか)ならでは道は行じがたし。

そのうつはもの、昔の人に及ばず、山林に入りても餓(うえ)をたすけ、嵐をふせくよすがなくてはあられぬわざなれば、おのづから世を貪るに似たる事も、たよりにふればなどかなからん。さればとて、「背けるかひなし。さばかりならば、なじかは捨てし」など言はんは、無下の事なり。

さすがに一度(ひとたび)道に入りて世を厭はん人、たとひ望ありとも、勢ある人の貪欲(とんよく)多きに似るべからず。紙の衾、麻の衣、一鉢(ひとはち)のまうけ、藜(あかざ)のあつもの、いくばくか人の費(ついえ)をなさん。求むる所はやすく、その心はやく足りぬべし。かたちに恥づる所もあれば、さはいへど、悪にはうとく、善にはちかづくことのみぞ多き。

人と生まれたらんしるしには、いかにもして世を遁れんことこそ、あらまほしけれ。ひとへに貪る事をつとめて、菩提におもむかざらんは、万(よろづ)の畜類にかはる所あるまじや。

口語訳

「仏の道を求める心さえあれば、住む所にはよらないだろう。家にいるままでも、人に交わっても、来世の往生を願うのに何の問題があろうか」と言うのは、まったく来世について知らない人である。

実際、この世をはかなみ、必ず迷いの境地を脱しようと思うのに、何の興味があって、朝夕主君に仕えたり、家を顧みる営みに心が向かうであろうか。心は機縁にひかれて移り行くものなので、静かでなければ仏道修行に専念するのは難しいのだ。

今の人の器量は昔の人にかなわないのだから、山林に入っても飢えをしのぎ、嵐を防ぐよすががなくては生きていけないものだから、たまたま世を貪るかのように見えることも、場合によっては、どうして無いことがあろう。

だからと言って「出家した甲斐が無い。こんなことなら、どうして俗世を捨てたのだ」など言うのは、お話にならない。

なんといっても一度仏の道に入って俗世間を離れた人は、たとえ欲望が心に起こっても、俗世間の勢いある人の貪欲の多さとは比べるべくもない。紙の衾、麻の衣、一鉢の食事、藜(あかざ)の吸い物、こういったものが、どれだけ費用がかかるというのか。かからない。求めるものは簡単に手に入り、心は早く満たされる。

僧の格好をしている自分の姿に恥じる所があるので、(たまたま世を貪るように見えることもやるといっても)、悪には遠ざかり、善には近づくことばかり多くなってくる。

人と生まれたしるしには、どうにかして出家隠遁することこそ、理想だ。ひたすら貪る事に励んで、悟りの境地を求めようとしないのは、あらゆる畜生の類と変わる所があるだろうか。

語句

■道心 求道心。仏の道を求める心。 ■しも 強意の助詞。 ■家にあり 出家しても家にいるままで在家の信者として過ごすこと。 ■後世 来世での極楽往生。 ■さらに 下に打消しの語を伴って「まったく~無い」。 ■げには 本当に。 ■生死を出づ 生と死を繰り返す迷いの世界を脱却すること。 ■いさまし 心が勇み立つ。気のりする。 ■縁 機縁。結果をもたらす原因。 ■道を行ず 仏道修行をすること。 ■うつわもの 器量。 ■世を貪るに似たること。 飢えを満たしたり、嵐を避けるといった、「世を貪ってる」と誤解されかねないような事。しかし兼好はそのような最低限の生活まで「世を貪る」といって否定しているのではない。 ■世を厭はん人 俗世間から離れて隠遁生活を送る人。 ■鉢 出家者の食物を盛る器。 ■まうけ 食事。 ■藜 あかざ。アカザ科の一年草。 ■あつもの 熱い吸い物。 ■いくばくか どれほどか。「か」は反語。 ■かたち 出家した僧の姿。 ■さはなからん 「さ」の内容は、「おのづから世を貪るに似たる事も、たよりにふればなどかなからん」を指す。 ■菩提 仏の道。悟りの境地。

メモ

■環境から。形から。
■だから進学校はいい。
■本はならべておくだけで頭よくなる。
■参考書を買うだけで頭よくなる。
■道元はなぜ永平寺に移ったか。
■朝倉彫塑館の落ち着きは創作のパワーを生んだ

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク



</