第五十九段 大事を思ひたたん人は、

大事を思ひたたん人は、去りがたく、心にかからん事の本意(ほい)を遂げずして、さながら捨つべきなり。「しばし、この事はてて」、「同じくはかの事沙汰しおきて」、「しかしかの事、人の嘲りやあらん、行末難なくしたためまうけて」、「年来(としごろ)もあればこそあれ、その事待たん、ほどあらじ。もの騒がしからぬやうに」など思はんには、えさらぬ事のみいとどかさなりて、事の尽くるかぎりもなく、思ひ立つ日もあるべからず。おほやう、人を見るに、少し心あるきはは、皆このあらましにてぞ一期は過ぐめる。

近き火などに逃ぐる人は、「しばし」とや言ふ。身を助けんとすれば、恥をも 顧みず、財(たから)をも捨てて遁(のが)れ去るぞかし。命は人を待つものかは。無常の来(きた)る事は、水火(すいか)の攻むるよりも速(すみや)かに、遁れがたきものを、その時、老いたる親、いときなき子、君の恩、人の情、捨てがたしとて捨てざらんや。

口語訳

出家道心を思い立つ人は、避けがたく、心懸かりな事の目的を遂げずに、そのまま世を捨て出家すべきである。「しばらく待って、この用事が終わってから」、「どうせ出家するなら、あの件を処理し終わってから」「このような事をすると人が嘲るかもしれない。後々問題が起こらないよう調え準備して」「長年出家せずに来たのだから、出家をいま少し先延ばしにしても、たいして手間取るまい。騒がず、落ち着いて行動しよう」など思っていては、避けられない用事ばかりたいそう重なって、際限もなく、発心の日など来ない。大方、人を見ていると、少し分別のある程の人は、皆このような心づもりだけで一生を終わってしまうようだ。

近くで火事が起こって逃げている人が、「もうちょっと後で」と言うだろうか。身を助けようとすれば、恥も顧みず、財産も捨てて、逃れ去るに違いない。命は人を待つだろうか。待たない。死がやって来るのは、水や火が攻め来るより速やかに、逃れ難いものであるのに、いざ死が訪れた時、年老いた親、いとけなき子、君の恩、人の情、捨てがたいからといって、捨てないでいられようか。

語句

■大事 仏語の「一大事」。出家して悟りを開くこと。 ■去りがたく 避けがたく。 ■心にかからん事 気がかりなこと。 ■本意 目的。 ■さながら そのまま。 ■しばし 「いましばし」の略。もうちょっと待とう。 ■沙汰 処理。 ■したためまうけて 調え準備する。 ■年来 長い年月。 ■もの騒がしからぬやうに あわて騒ぐことのないようにしよう。 ■その事待たん、ほどあらじ その事(出家隠遁)をちょっと先のばしにしても、そんなに手間どらないだろう。 ■えさらぬ事 避けられない。 ■思ひ立つ日 発心を決意する日。 ■心あるきは 分別のある人。 ■あらまし 心づもり。こうしよう、ああしようと考えること。 ■一期 一生。

メモ

■すぐやれ
■人の心は変化を嫌う。だから何かと直前に用事が出てくる。
■無意識に遠回りをしようとする。そのほうが心地よいから。
■商売は、「すぐ売れ」
■恩義があるからとか、ぐずぐずしていてはいけない。恩義も土足で踏み殺す勢いで、飛び出すべきだ。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク