第六十段 真乗院に盛親僧都とて、やんごとなき智者ありけり。

真乗院に盛親僧都(じょうしんそうず)とて、やんごとなき智者ありけり。芋頭(いもがしら)といふ物を好みて、多く食ひけり。談義の座にても、大きなる鉢にうづたかく盛りて、膝もとに置きつつ、食ひながら文をも読みけり。患(わづら)ふ事あるには、七日(なぬか)、二七日(ふたなぬか)など、療治とて籠り居て、思ふやうによき芋頭をえらびて、ことに多く食ひて、万(よろづ)の病をいやしけり。人には食はする事なし。ただひとりのみぞ食ひける。

きはめて貧しかりけるに、師匠、死にさまに、銭二百貫と坊ひとつをゆづりたりけるを、坊を百貫に売りて、彼是三万疋(びき)を芋頭の銭(あし)と定めて、京なる人にあづけおきて、十貫づつとりよせて、芋頭を乏しからず召しけるほどに、又、異用(ことよう)に用ふることなくて、その銭(あし)みなに成りにけり。「三百貫の物を貧しき身にまうけて、かくはからひける、誠に有難き道心者(どうしんじゃ)なり」とぞ、人申しける。

この僧都、ある法師を見て、しろうるりといふ名をつけたりけり。「とは、何物ぞ」と、人の問ひければ、「さる物を我も知らず。若しあらましかば、この僧の顔に似てん」とぞ言ひける。

口語訳

仁和寺の真乗院に盛親僧都(じょうしんそうず)といって、並々ならぬ尊い智慧ある方があった。芋頭(いもがしら)という物を好んで、多く食った。仏典の講義の座でも、大きな鉢にうづたかく盛って、膝もとに置いたままで食いながら書物を読んだ。病気になった時は、七日、十四日など、療治といって引きこもって、自分がよいと思った芋頭を選んで、ことに多く食べて、あらやる病を治した。人には食わせなかった。ただ一人だけで食った。

きわめて貧しかったので、師匠が死に際に、銭二百貫と僧坊ひとつを譲ったのを、僧坊を百貫に売って、かれこれ三万疋の金を芋頭のお代と定めて、京都にある人に預けておいて、十貫づつ取り寄せて、芋頭をほしいだけ召しあがっているほどに、また、外に金を使うこともなくて、三百貫すべてを芋頭のお代として使い切ってしまった。

「三百貫の金を貧しい身に手に入れて、このようにふるまうとは、本当にありがたい仏道精進のお方だ」と、人々は言った。

この僧都が、ある法師を見て、「しろうるり」という名をつけた。「それは、何ですか」と人がたずねたところ、「そのような物を私も知らない。もしそのような物があったなら、この僧の顔に似ているのだろう」と言った。

語句

■真乗院 仁和寺の院。後鳥羽院中宮・宜秋門院(ぎしゅうもんいん)の御願で最初最勝院と号した。後に覚教大僧正が修復して真乗院と号した。 ■盛親僧都 伝未詳。 ■やんごとなき なみなみでなく尊い。 ■智者 学問のある僧。 ■芋頭 里芋の球茎(きゅうけい)。親芋。 ■談義の座 仏典の講義をする座。 ■文 講義用の書物。テキスト。 ■銭 銅や鉄でつくった貨幣。 ■貫 貨幣の穴を銭さしという糸で貫いたもの。一貫は百疋(千文)、二百貫は二万疋(二十万文)にあたる。 ■坊 僧坊。 ■みなに成りにけり 全部になった。全部なくなった。 ■まうけて 手に入れて。 ■道心者 仏道に精進する人。 ■しろうるり 言葉の響きのみで名付けたようである。即席の造語。 


この僧都、みめよく、力強く、大食にて、能書(のうじょ)・学匠(がくしょう)、弁説人にすぐれて、宗の法灯なれば、寺中(じちゅう)にも重く思はれたりけれども、世をかろく思ひたる曲者にて、よろづ自由にして、大方人に従ふといふ事なし。出仕して饗膳などにつく時も、皆人の前据ゑわたすを待たず、我が前に据ゑぬれば、やがてひとりうち食ひて、帰りたければ、ひとりつい立ちて行きけり。斎(とき)・非時(ひじ)も人にひとしく定めて食はず、我が食ひたき時、夜中にも暁にも食ひて、ねぶたければ昼もかけこもりて、いかなる大事あれども、人の言ふ事聞き入れず、目覚めぬれば幾夜も寝(い)ねず、心を澄ましてうそぶきありきなど、尋常(よのつね)ならぬさまなれども、人に厭はれず、よろづ許されけり。徳のいたれりけるにや。

口語訳

この僧都は容貌すぐれ、力強く、大食いで、字がうまく、博識で、弁舌にすぐれ、真言宗の中心人物として重んじられていたので、仁和寺でも重く思われていたが、世間を何とも思われない変人であって、あらゆる事を自由にして、人に従うことはまったく無かった。

法会などの席に出て饗応にあずかる時も、全員の前に食膳が行きわたるのを待たず、自分の前に食膳がすえられると、すぐに一人食べて、帰りたい時は独りでつっと立って帰った。

僧として定められた午前の食事も、午後の食事も他の人と同じようには食べず、自分が食べたい時、夜中でも明け方でも食べて、眠たければ昼にも閉じこもって、どんな大事があっても、人の言う事は聞き入れず、目が覚めた時は幾夜も寝ずに、心をすまして口ずさんで回ったりなど、世の常でない様子であったが、人には嫌われず、すべて許されていた。

僧都の徳が至高の域に達していたためであろうか。

語句

■みめよく 顔立ちが立派で。 ■学匠 博学。 ■宗の法灯 真言宗の中心として重きをなす人。 ■寺中 仁和寺中。 ■曲者 ひとくせある人物。変わりもの。 ■出仕 法会などの席に出ること。 ■饗膳 饗応の食膳。 ■据ゑわたす 食膳が皆にいきわたる。 ■つい立ちて 「つき立ちて」の音便。つっと立って。 ■斎 食べるべき「時」。正午以前に食べるのが原則で、午後に食べるのは「非時」という。 ■かけこもりて 閉じこもって。 ■うそぶく 口ずさむ。

メモ

■愛のある人間観察。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク