第六十一段 御産のとき甑落す事は、さだまれる事にはあらず、

御産(ごさん)のとき甑(こしき)落す事は、さだまれる事にはあらず、御胞衣(おんえな)とどこほる時のまじなひなり。とどこほらせ給はねば、この事なし。下(しも)ざまより事おこりて、させる本説(せんぜち)なし。大原の里の甑を召すなり。古き宝蔵(ほうぞう)の絵に、賤しき人の子うみたる所に、甑落したるを書きたり。

口語訳

高貴な方のご出産の時、甑を落とす事は、決まっていることではない。胎児の胎盤や膜がうまく排出されない時のまじないである。うまく排出される時は、この事は無い。この風習は下々よりおこったことで、これといった典拠は無い。大原の里の甑を召して使うという。古い宝蔵の絵に、賤しい人が子を産んでいる所に、甑を落としているのを描いてある。

語句

■御産 高貴な方のご出産。特に皇子・皇女が生まれる時をいう。 ■甑 米や豆を蒸す道具。筒状で、瓦製で、蒸気を通す穴が開いている。高貴な方のご出産の時、御殿の屋根から転がり落とした。『平家物語』三・公卿揃の中宮徳子のご出産の場面により有名。平家物語によると、皇子が生まれた時は南に、皇女が生まれた時は北に落としたという。 ■御胞衣 「胞衣」は胎児を包んでいた膜や胎盤など。それらが排出されることを「後産(あとざん)」という。 ■下ざま しもじも。身分の低い者たち。 ■本説 正しい典拠。 ■大原 京都市左京区大原。

メモ

■考証的章段。スルーでよい。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク