第六十九段 書写の上人は、

書写の上人は、法華読誦(ほっけどくじゅ)の功つもりて、六根浄(ろっこんじょう)にかなへる人なりけり。旅の仮屋に立ち入られけるに、豆の殻を焚きて豆を煮ける音の、つぶつぶと鳴るを聞き給ひければ、「うとからぬおのれらしも、恨めしく我をば煮て、辛き目を見するものかな」と言ひけり。焚かるる豆殻の、はらはらと鳴る音は、「我が心よりすることかは。焼かるるはいかばかり堪へがたけれども、力なき事なり。かくな恨み給ひそ」とぞ聞えける。

口語訳

書写山の性空上人は、法華経を読んだ功が積もって、人間をまどわす六つの感覚器官「六根」がすべて清浄になる境地に至った人である。

旅先で仮屋に立ち入った所、豆の殻を焚いて豆を煮る音がつぶつぶと鳴るをお聴きになられて、「他人でない者同士お前たちよ、恨めしくも私を煮て、辛い目を見せるものだなあ」と言った。焚かれる豆殻がはらはらと鳴る音は、「やりたくてこんなことやってるわけではないよ。自分の身が焼かれるのはどんなにかやりきれないことだけど。力が無いのでどうしようもない。そんなに恨みなさるな」と(上人の耳には)聞こえたということだ。

語句

■書写の上人 播磨国書写山円教寺を開いた性空上人(?-1007)。和泉式部を導いたことで有名。橘善根の子。『性空上人伝』『今昔物語』十二・三十四にその事績は詳しい。 ■六根浄 「六根」は人間を迷わせる六つの感覚器官。眼・耳・鼻・舌・身・意。それらが清浄となるにふさわしい人。 ■仮屋 旅先で泊まる一時的な宿。 ■豆の殻を焚きて 曹植の詩によるか。(魏文帝、令東阿王七歩中作詩。不成者行大法。応聞曰、「煮豆持作羹。濾鼓以為汁。箕在釜下燃、在釜中泣。本是同根生。相煎何太急」。帝有慙色)(魏の文帝、東阿王(曹植)をして七歩の中に詩を作らしむ。成らざれば大法を行はん。応じて聞くに曰く、「豆を煮て持って羹(あつもの)を作る。鼓(し。みそ)を濾して以って汁と為す。箕(まめがら)は釜下(ふか)に在りて燃(も)え、釜中(ふちゅう)に在りて泣く。本是同根より生ず。相煎(い)ること何ぞ太(はなは)だ急なる」。帝慙(は)ずる色有り) ■うとからぬおのれら 他人でないお前たち。豆と豆殻という近しい関係なので。

メモ

■曹植の詩

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク