第七十二段 賤しげなるもの

賤しげなるもの。居たるあたりに調度の多き。硯に筆の多き。持仏堂に仏の多き。前栽(せんざい)に石・草木の多き。家の内に子・孫(うまご)の多き。人にあひて詞の多き。願分(がんもん)に作善(さぜん)多く書きのせたる。

多くて見苦しからぬは、文車(ふぐるま)の文、塵塚の塵。

口語訳

賤しそうなもの。座っているあたりに道具類が多いこと。硯に筆が多いこと。持仏堂に仏が多いこと。庭の前の植え込みに石・草木の多いこと。家の内に子や孫が多いこと。人に会って言葉数が多いこと。神に奉る願文に自分が行ったよい行いを多く書き載せていること。

多くて見苦しくないのは、文車に書物が多いこと。塵を捨てる所に塵が多いこと。

語句

■賤しげなるもの 『枕草子』「いやしげなるもの」をふまえる。 ■調度 道具類。 ■持仏堂 守り本尊として常に身近に持つ「持仏」をおさめるお堂。 ■願文 神仏に奉る文書。 ■文車 室内で書物を運搬するための小さな車。 ■塵塚 塵やごみを捨てる所。 

メモ

●枕草子の機知や優雅さには負ける。
●基本、吉田兼好は多いのが嫌い
●ゴミ屋敷や引きこもりの部屋
●子供や孫…
●善行を書き連ねる。寺とか神社

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク