第百七段 女の物言ひかけたる返事、とりあへずよきほどにする男は、

女の物言ひかけたる返事、とりあへずよきほどにする男は、ありがたきものぞとて、亀山院の御時、しれたる女房ども、若き男達の参らるる毎(ごと)に、「郭公(ほととぎす)や聞き給へる」と問ひて、ここみられけるに、何がしの大納言とかやは、「数ならぬ身は、え聞き候はず」と答へられけり。堀川(ほりかわの)内大臣殿は、「岩倉にて聞きて候ひしやらん」と仰せられたりけるを、「これは難なし。数ならぬ身、むつかし」など定めあはれけり。

すべて男をば、女に笑はれぬやうにおほしたつべしとぞ。「浄土寺前関白殿(じょうどじのさきのかんぱくどの)は、幼くて、安喜門院のよく教へ参らせさせ給ひける故に、御詞などのよきぞ」と、人の仰せられけるとかや。山階(やましなの)左大臣殿は、「あやしの下女(しもおんな)の見奉るも、いとはづかしく、心づかひせらるる」とこそ仰せられけれ。女のなき世なりせば、衣文(えもん)も冠(かぶり)も、いかにもあれ、ひきつくろふべき人も侍らじ。

かく人にはぢらるる女、如何ばかりいみじきもねのぞと思ふに、女の性(しょう)は皆ひがめり。人我(にんが)の相深く、貪欲(とんよく)甚だしく、ものの理(ことわり)を知らず、ただ、迷ひの方に心も早く移り、詞(ことば)も巧みに、苦しからぬ事をも問ふ時は言はず、用意あるかと見れば、又あさましき事まで、問はず語りに言ひ出(いだ)す。深くたばかり飾れる事は、男の知恵にもまさりたるかと思へば、その事、あとよりあらはるるを知らず。すなほならずして拙きものは女なり。その心に随ひてよく思はれん事は、心憂かるべし。されば、何かは女のはづかしからん。もし賢女(けんぢょ)あらば、それもものうとく、すさまじかりなん。ただ迷ひを主(あるじ)として、かれに随ふ時、やさしくも、おもしろくも覚ゆべき事なり。

口語訳

女が喋りかけた時に、とっさにいい具合に返事をする男は、滅多にないものだということで、亀山院が御在位の御時、軽薄な女房たちが、若い男達が参上するたびに「今年はもうほととぎすの声をお聞きになりましたか」と質問して、お試しになったところ、某の大納言とかいう人は、「取るに足らない私の身ですから、聞くことができません」とお答えになった。堀河内大臣殿は、「岩倉で聞きましたでしょうか」とおっしゃったのを、「これは無難な答えだわ。取るに足らない私の身なんて、わずらわしくて嫌味な言い方ね」などと互いに品定めをなさった。

すべて男を、女に笑われないように育て上げるべきだという。「浄土寺前関白殿は、幼い頃、後堀河天皇の皇后・安喜門院がよく教えさしあげなさったので、言葉づかいなどが立派なのだぞ」と、人がおっしゃったとかいう。

山階左大臣殿は、「身分の低い下女に見られるのでも、いたそう気恥ずかしく、心遣いをさせられる」とおっしゃっていた。女のいない世の中であれば、衣の着方も、冠のかぶり方も、どうであろうと、取り繕う人もいないだろう。

このように人に気を遣わせる女というものは、いったいどれほど立派なものだろうと思うと、女の本性はねじけたものだ。

我が強く、強欲であること甚だしく、ものの道理を知らず、ただ、迷いの方向にすぐに心移りし、言葉巧みに、差支えないことでも質問すれば答えず、かといってたしなみがあるかと見れば、又あきれ果てたようなことまで、聞かれもしないのに喋りまくり、深く考えをめぐらし表面を飾ることは、男の知恵にもまさるかと思えば、その事が後からバレてしまう事を知らない。

素直でなく、しかも拙いものは女である。女の心のままにふるまい、女からよく思われようとする事は、だから残念なことであろう。こういうわけだから、どうして女に気を遣う必要があるものか。

もし賢い女というものが存在するなら、それも何となく親しめないし、興冷めに違いない。

ただ心の迷いに身を任せて女とつきあってみると、優しくも、魅力的にも、思えてくるはずである。

語句

■とりあへず 咄嗟に。 ■亀山院が天皇として在位中。正元元年(1259年)-文永11年(1274年)まで。 ■しれたる 軽薄な。バカな。 ■数ならぬ身 取るに足らない身。「音せぬは待つ人からか郭公たれ教へけむ数ならぬ身を」(『続古今集』雑上・源俊頼)。「数ならぬ身には習はぬ初音とて聞きてもたどる郭公かな」(『拾遺愚草員外』藤原為家) ■堀河内大臣殿 源具守。従一位内大臣。正和2年(1313年)内大臣。同5年没。68歳。兼好が在俗時に仕えた。 ■岩倉 京都市左京区岩倉町(叡山電鉄鞍馬線岩倉駅)。堀川家の山荘があった。ほととぎすの声を聴くのにふさわしい場所とされる。 ■難なし 無難だ。 ■むつかし わずらわしく嫌味だ。 ■定める 品定めする。

■おほしたつ 育て上げる。 ■浄土寺前関白殿 九条師教(もろのり)。摂政・関白。元応2年(1320年)没。45歳。または師教の父忠教と見る説も。 ■安喜門院 後堀河天皇の皇后。太政大臣公房(きんふさ)の娘。忠教の母は、安喜門院の妹。師教の大伯母。弘安9年(1286年)没。80歳。 ■山階左大臣 洞院実雄。弘長元年(1261)-同3年まで左大臣。文永10年(1273年)没。 ■見奉る 下女の左大臣に対する謙譲表現。拝見する。左大臣の自敬表現。 ■衣文 装束の正しい着方。

■はぢらるる 気を遣われる。 ■ひがめ ねじけていること。 ■人我の相深く 我が強く。「人我の相」は仏教語。仏の教えに背き、自己に主として執着すること。 ■貪欲 仏教語。強欲。 ■苦しからぬ事 さしつかえない事。 ■用意 配慮。たしなみ。 ■たばかり 考えをめぐらし。 ■ものうとし 何となく親しみが無い。 ■すさまじ 興ざめだ。 ■迷ひを主として 心の迷いに身をゆだねて。 ■やさしくも 優美にも。 ■おもしろく 魅力的に。

メモ

■前半で女を持ち上げて、後半でたたき落す。
■どんだけ女嫌いなんだっていう
■しかし最後はちょっと希望

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク