第百十四段 今出川のおほひ殿、嵯峨へおはしけるに、

今出川のおほひ殿、嵯峨へおはしけるに、有栖川のわたりに、水の流れたる所にて、賽王丸(さいおうまる)御牛(おんうし)を追ひたりければ、あがきの水、前板までささとかかりけるを、為則(ためのり)、御車(みくるま)のしりに候ひけるが、「希有の童かな。かかる所にて御牛をば追ふものか」と言ひたりければ、おほひ殿、御気色(みけしき)あしくなりて、「おのれ、車やらん事、賽王丸にまさりてえ知らじ。希有の男(おのこ)なり」とて、御車に頭(かしら)を打ち当てられにけり。

この高名の賽王丸は、太秦殿の男、料(りょう)の御牛飼(おんうしかい)ぞかし。この太秦殿に侍りける女房の名ども、一人は、ひささち、一人は、ことつち、一人は、はふはら、一人は、おとうしとつけられけり。

口語訳

今出川の大臣殿が嵯峨へお出かけになった時、有栖川のあたりで、水が流れている所で、賽王丸が御牛を進めていた所、牛が蹴った水が牛車の前板までさっとかかったのを、為則が、車の後ろの席にひかえていたが、「とんでもない牛飼童であるよ。このような所で御牛を追いたてるなんて」と言った所、大臣殿はご機嫌が悪くなって、「こいつ、車を進める事は賽王丸以上にはわかるまい。とんでもない男である」ということで、大臣殿は為則の頭を御車に打ち当てなさった。

この名高い賽王丸は、太秦殿にお仕えする男で、お上の御用をつとめる御牛飼であるのだ。この太秦殿にお仕えする女房の名は、独りはひささち、一人はことつち、一人はふはら、一人はおとうしと名をつけられている。

語句

■今出川のおほひ殿 太政大臣西園寺公相(きんすけ)。建長4年(1252年)太政大臣。文永4年(1267年)没。45歳。今出川の西に屋敷があった。人徳に欠け、評判の悪い人物だったという。 ■嵯峨 現京都市右京区嵯峨周辺。 ■有栖川 嵯峨野を西北から東南に流れ桂川と合流する川。京福電気鉄道嵐山本線・有栖川駅がある。 ■わたり あたり。 ■賽王丸 西園寺家に仕えた牛飼。 ■あがきの水 足掻きの水。牛が足ではねた水。 ■前板 牛車の屋形の前後に横に渡した板。 ■為則 伝未詳。 ■しり 後ろの席。 ■希有 とんでもない。 ■童 牛飼童。 ■車やる 車を進ませる。 ■太秦殿 伝未詳。 ■料の御牛飼 太秦殿に仕えた牛飼。「料」は何かの目的のために貴人が召し使うもの。 ■ひささち 以下の名は牛に関係した名と思われるが詳細不明。

メモ

■大臣キレすぎ
■平家物語 平宗盛の牛飼童 主人と特別なつながり・こうしこでい
■西園寺家

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク