第百十五段 宿河原といふところにて、

宿河原(しゅくがはら)といふところにて、ぼろぼろ多く集まりて、九品(くほん)の念仏を申しける外(ほか)より入り来(きた)るぼろぼろの、「もしこの御中に、いろをし房と申すぼろやおはします」と尋ねければ、その中より、「いろをし、ここに候。かくのたまふは、誰(たれ)」と答ふれば、「しら梵字(ぼんじ)と申す者なり。おのれが師、なにがしと申しし人、東国にて、いろをしと申すぼろに殺されにけりと承りしかば、その人にあい奉りて、恨み申さばやと思ひて尋ね申すなり」といふ。いろをし、「ゆゆしくも尋ねおはしたり。さる事侍りき。ここて対面し奉らば、道場をけがし侍るべし。前の河原へ参りあはん。あなかしこ、わきさしたち、いづかたをもみつぎ給ふな。あまたのわづらひにならば、仏事の妨に侍るべし」と言ひ定めて、二人河原へ出てあひて、心行くばかりに貫きあひて、共に死ににけり。

ぼろぼろといふもの、昔はなかりけるにや。近き世にぼろんじ・梵字・漢字など言ひける者、そのはじめなりけるとかや。世を捨てたるに似て我執深く、仏道を願ふに似て、闘諍(とうじょう)をこととす。放逸(ほういつ)・無慙(むざん)の有様なれども、死を軽(かろ)くして、少しもなづまざるかたのいさぎよく覚えて、人の語りしままに書き付け侍るなり。

口語訳

宿河原という所にて、ぼろぼろが多く集まって、九品の念仏を上げていたところ、外から入ってきたぼろぼろが、「もしや、この方々の中に、いろをし房と申すぼろはいらっしゃいますか」と尋ねたので、その中から「いろをしは、ここにございます。こうおっしゃるのは、誰ですか」と答えると、「しら梵字と申す者です。私の師であったなにがしという人が、東国にて、いろをしと申すぼろに殺されたと伺いましたので、その人にお会いして、恨みをお晴らししたいと思って尋ねて参ったのです」という。いろをしは「殊勝にも訪ねていらっしゃいました。そのような事は(たしかに)ございました。ここにて対決すれば、修行の道場を汚すことになります。前の河原へ参って対決しましょう。くれぐれも、お共の方々、どちらも味方なさいませんように。多くの人の邪魔になれば仏事の妨げになります」と話をつけて、二人河原に出て対決して、心行くまで刺し違えて、共に死んでしまった。

ぼろぼろというものは、昔は無かったのだろうか。近年、ぼろんじ・梵字・漢字などと言う者が、そのはじまりであるとかいうようである。世を捨てたようでいて自己への執着が深く、仏道を願うように見えて争い事を仕事としている。

好き放題で恥知らずの様子であるが、死を恐れないで、少しも生に執着しない点がいさぎよく思えて、人の語ったままに書き付けましたのです。

語句

■宿河原 未詳。川崎市高津区宿河原か?もと浮浪者の集まる場所を指す普通名詞だったと思われる。 ■ぼろぼろ 遁世者の一種。虚無僧の原型とも。「梵論」「暮論」などと書く。その姿は「七十一番職人歌合」に描かれている。長髪で紙衣と黒い袴を着て帯刀し、諸国を渡り歩いて時に乱暴な行いに及んだ。 ■九品の念仏 九品(上品上生~下品下生)に分かれる極楽浄土の各品に生まれ変わるための念仏。『観無量寿経』の思想に基づく。「浄土は数多あんなれど 弥陀の浄土ぞすぐれたる 九品(ここのしな)なんなれば 下品下(げほんげ)にてもありぬべし」(『梁塵秘抄』) ■いろをし房 伝未詳。 ■しら梵字 伝未詳。 ■恨み申さばや 恨みをお晴らししたい。 ■ゆゆし 殊勝だ。けなげだ。 ■道場 仏教の修行場。 ■あはん 対決しましょう。 ■あなかしこ けっして。下の「みつぎ給ふな」につながり、禁止をあらわす。「あな」は感動詞。「かしこ」は「かしこし(畏れ多い)」の語幹だが、連語として用いる。 ■わきさしたち 付き添いの方々。 ■みつぐ 加勢する。支援する。 ■あまた 大勢の人。 ■言ひ定めて 話をつけて。 ■ぼろんじ・梵字・漢字 「ぼろんじ」は「梵論字」「梵論師」などと当てる。インドのバラモン。指導的立場にある僧。ぼろぼろの起源であろうが未詳。 ■我執 仏語。自己を実体と錯覚してそれに執着すること。 ■闘諍をこととす 争い事を仕事とする。 ■放逸 仏語。自分勝手なふるまい。 ■無慙 仏語。恥知らずなこと。 ■なづまざるかた 執着しない点。

メモ

■決闘しに来てるのにえらい言葉が丁寧
■死を恐れない潔さは兼好の好むところ。一方では批判し、一方では認める姿勢は、双六の話なども。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク