第百十七段 友とするにわろき者

友とするにわろき者、七つあり。一つには、高くやんごとなき人。二つには、若き人。三つには、病なく身強き人。四つには、酒を好む人。五つには、猛く勇める兵(つわもの)。六つには、虚言(そらごと)する人。七つには、欲深き人。

よき友三つあり。一つには、物くるる友。二つには、医者(くすし)。三つには、智慧ある友。

口語訳

友とするのに悪い者が七つある。一つには、身分が高く高貴な人。二つには、若い人。三つには病が無く健康な人。四つには、酒を好む人。五つには、猛々しく勇ましい武士。六つには、嘘をつく人。七つには、欲の深い人。

よき友が三つある。一つには、物をくれる友。二つには、医者。三つには、知恵ある友。

語句

■友とするにわろき者 『論語』季氏十六の「孔子曰、益者三友、損者三友、友直、友諒、友多聞、益矣、友便辟、友善柔、友便佞、損矣(益者三友、損者三友。直きを友とし、諒(まこと)を友とし、多聞を友とするは、益なり。便辟(べんぺき)を友とし、善柔(ぜんじゅう)を友とし、便佞(べんねい)を友とするは、損なり)」をもじったものと思われる。
第十二段にも友人論。

メモ

■悪い例が7に良い例が3。
■こんなこと言ってて意外と友達多そう。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク