第百三十四段 高倉院の法華堂の三昧僧

高倉院の法華堂の三昧僧、なにがしの律師とかやいふもの、ある時、鏡を取りて顔をつくづくと見て、我がかたちのみにくく、あさましき事を余りに心うく覚えて、鏡さへうとましき心地しければ、その後長く鏡を恐れて手にだに取らず、更に人にまじはる事なし。御堂のつとめばかりにあひて、籠り居たりと聞き侍りしこそ、ありがたく覚えしか。

賢げなる人も、人の上をのみはかりて、おのれをば知らざるなり。我を知らずして、外を知るといふ理(ことわり)あるべからず。されば、おのれを知るを、物知れる人といふべし。かたちみにくけれども知らず、心の愚かなるをも知らず、芸の拙きをも知らず、数ならぬをも知らず、年の老いぬるをも知らず、病の冒すをも知らず、死の近き事をも知らず、行ふ道のいたらざるをも知らず。身の上の非を知らねば、まして外の譏(そし)りを知らず。但し、かたちは鏡に見ゆ。年は数へて知る。我が身の事知らぬにはあらねど、すべき方のなければ、知らぬに似たりとぞいはまし。

かたちを改め、齢(よわい)を若くせよとにはあらず。拙きを知らば、なんぞやがて退かざる。老いぬと知らば、なんぞ閑(しづか)に身を安くせざる。行いおろかなりと知らば、なんぞ茲(これ)を念(おも)ふこと茲にあらざる。

すべて、人に愛楽(あいぎょう)せられずして衆(しゅう)にまじはるは恥なり。かたちみにくく、心おくれにして出で仕へ、無智にして大才(たいさい)に交り、不堪(ふかん)の座に列(つらな)り、雪の頭(かしら)を頂きて盛りなる人にならび、況んや、及ばざる事を望み、かなはぬ事を憂へ、来らざることを待ち、人に恐れ、人に媚ぶるは、人の与ふる恥にあらず、貪る心にひかれて、自ら身をはづかしむるなり。貪る事のやまざるは、命を終ふる大事、今ここに来れりと、たしかにしらざればなり。

口語訳

高倉院の法華堂でお勤めをしている三昧僧、なんとか律師とかいうものが、ある時、鏡を取って顔をつくづくと見て、自分の容貌が醜く、あきれるほどである事を余りに残念に思って、鏡さえ嫌な心地がしたので、その後長く鏡を恐れて手にさえも取らず、まったく人と交わることをしなかった。法華堂のお勤めだけに参加して、あとは引きこもっていたと聞きましたのは、滅多にない心掛けだと思った。

賢そうに見える人も、人の身の上ばかり批評して、自分のことは知らない。自分を知らずに他を知るという道理があるはずがない。であれば、自分を知っている人を、物を知っている人と言うべきだ。容貌が醜いのに知らず、心の愚かなのも知らず、芸の拙いのも知らず、物の数でも無いことをも知らず、年取って老いていくのも知らず、病が体を冒しているのも知らず、行っている道の最後まで至らないことも知らず、身の上の非を知らないなら、まして他人からの非難されていることを知らない。

ただし、容貌は鏡に見える。年は数えればわかる。自分の身の事を知らないわけではないけれど、かといって対策があるわけではないので、知らないに等しいと言えようか。

容貌を改め、若作りしろと言っているのではない。拙いことを知れば、どうしてすぐに退かないのか。年老いたと知れば、どうして静かに身を安静にしないのか。修行がおろそかと知れば、どうしてこれを自分のこととして反省しないのか。

すべてにおいて、人に可愛がられずに多くの人に交わるのは恥である。容貌が醜く、思慮が足りないままに出仕し、無智のままに学問才能のある人に交わり、拙い芸で芸達者な人たちの座に連なり、白髪頭で壮年の人と肩を並べ、まして、及びもしない事を望み、それが叶わないことを嘆き、来ないことを待ち、人に恐れ、人に媚びるのは、他人が与える恥ではない。貪る心に引かれて、自ら身をはずかしめるのである。

貪る事を止めないのは、命が終えるという大事が、今ここに来ていると、実感としてわかっていないからである。

語句

■高倉院の法華堂 洛東清閑寺の法華三昧堂。高倉院は第80代天皇。譲位の翌年の治承5年(1181年)崩御。清閑寺に葬られた。 ■三昧僧 さんまいそう。法華三昧堂に住んで念仏などの勤めをする僧。「三昧」は心を集中して雑念の無いこと。 ■律師 僧正・僧都につぐ僧官。 ■あさましき事 あきれるほどひどい事。 ■更に 下に否定語を伴って「まったく無い」。 ■御堂のつとめ 法華堂のつとめ。 ■あひて 参加して。 ■すべき方 なすべき方法。対策。 ■いはまし 「まし」は推量・意思。~といえようか。 ■茲(これ)を念(おも)ふこと茲にあらざる 「帝念へや。茲を念ふこと茲にあり」(書経・大禹謨) ■愛楽 愛し好かれること。 ■心おくれ 思慮が足りないこと。 ■不堪 拙く下手なこと。「堪能」の反対。

メモ

■たたみかけるようなダメ出し。
■いい事を言う時より悪いことを言うほうが勢いがある。
■分を知る

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク