第百五十九段 みなむすびといふは

みなむすびといふは、糸を結びかさねたるが、蜷(みな)といふ貝に似たればといふ」と、あるやんごとなき人仰せられき。「にな」といふは、あやまりなり。

口語訳

「みなむすびというのは、糸を結び重ねた結び方だが、蜷(みな)という貝にその形が似ているからそういうのだ」と、ある高貴な人が仰せになった。「にな」というのは間違いである。

語句

■みなむすび 組紐の結び方の一つ。装飾的な結び方。 ■蜷 「かわにな(巻貝)」の古い言い方。「みな」とも言ったが「にな」が一般的になった。

メモ

■考証的章段

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク