第百六十段 門に額かくるを

門に額かくるを、「うつ」といふはよからぬにや。勘解由小路二品禅門(かでのこうぢの・にほんの・ぜんもん)は、「額かくる」とのたまひき。「見物の桟敷うつ」もよからぬにや。「平張(ひらばり)うつ」などは常の事なり。「桟敷構ふる」などいふべし。「護摩たく」といふも、わろし。「修する」、「護摩する」などいふなり。「行法(ぎょうぼう)も、法の字を清(す)みていふ、わろし。濁りていふ」と、清閑寺僧正(せいかんじのそうじょう)仰せられき。

常にいふ事に、かかる事のみおほし。

口語訳

門に額をかけるのを、「うつ」というのは、よくないのだろうか。(書家として知られた)勘解由小路二品禅門・藤原経尹さまは、「額かける」とおっしゃった。「見物の桟敷討つ」もよくないのだろうか。「平張うつ」などは常の事である。「桟敷構える」などというべきだ。「護摩たく」というのも、よくない。「修する」、「護摩する」などいうものだ。「行法も、法の字を清音でギョウホウというのはよくない。濁ってギョウボウというのが正しい」と、清閑寺僧正が仰せになった。

ふだん言っていることに、このようなことはずいぶん多いのだ。

語句

■勘解由小路二品禅門 従二位藤原経尹(つねまさ)。行成の子孫。世尊時流を継ぐ書家。「二品」は二位の別名。「禅門」は在家のまま仏門に入った男性。 ■平張 小屋を作る際、柱を立てて、その上に幕を張って屋根とするもの。 ■護摩 密教の修法。護摩木を火で焚いて、息災を祈るもの。「護摩」という言葉自体に「焚く」という意味が含まれるので重複になる。しかし慣習的に「護摩焚く」と言われるようになった。 ■行法 仏道修行の方法。 ■清閑寺僧正 権僧正道我(ごんのそうじょう・どうが)。『続千載集』の勅撰歌人。兼好と交流があった。「清閑寺」は京都市東山区清閑寺山ノ内町。清水寺の南。もと天台宗。現在は真言宗。

メモ

■「よからぬにや」は自信なさげ。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク