第百六十三段 太衝の太の字

太衝(たいしょう)の太の字、点うつ、うたずといふ事、陰陽(おんよう)の輩(ともがら)、相論(そうろん)の事ありけり。盛親入道(もりちかのにゅうどう)申し侍りしは、「吉平(よしひら)が自筆の占文(せんもん)の裏に書かれたる御記(ぎょき)、近衛関白殿にあり。点うちたるを書きたり」と申しき。

口語訳

陰陽道で九月をあらわす太衝の字は、点を打つのか打たないのかという事が、陰陽道にたずさわる者の間で言い争いになったことがあった。盛親入道が申しましたことには、「安倍吉平の自筆の占文の裏にお書きになった天皇の御記が、近衛関白家にある。点を打ったのを書いてある」ということであった。

語句

■太衝 陰陽道で九月の異称。 ■陰陽の輩 陰陽道にたずさわる人々。 ■相論 言い争い。 ■盛親入道 従三位大蔵卿藤原盛親か。 ■吉平 従四位上陰陽博士安倍吉平。阿倍清明の子。御一条天皇の御世の人物。 ■占文 異変があった時吉凶を占い、その結果を示して注進する文書。 ■御記 天皇や貴人の書いた日記や記録。 ■近衛関白殿 近衛関白家。家平、その子経忠、経忠の従弟の基嗣の三人の説があり定まらない。

メモ

■大宰府と太宰府。大政大臣と太政大臣。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク