第百六十二段 遍照寺の承仕法師

遍照寺の承仕(じょうじ)法師、池の魚を日来(ひごろ)飼ひつけて、堂のうちまで餌(え)をまきて、戸ひとつあけたれば、数も知らず入(い)りこもりけるのち、おのれも入りて、たて篭(こ)めて、捕へつつ殺しけるよそほひ、おどろおどろしく聞えけるを、草かる童(わらわ)聞きて、人に告げければ、村の男どもおこりて入りて見るに、大雁(おおがん)どもふためきあへる中に法師まじりて、打ちふせ、ねぢ殺しければ、この法師を捕へて、所より使庁へ出したりけり。殺す所の鳥を頸(くび)にかけさせて、禁獄(きんごく)せられにけり。基俊大納言(もととしのだいなごん)、別当の時になん侍りける。

口語訳

遍照寺で雑役に従事する僧が、池の鳥を日ごろ飼いならしておいて、堂のうちまで餌をまいて、戸をひとつあけておいた所、数も知らず多くの鳥が入りこもった後、自分も入って、閉め切って、捕えては殺している様子が、騒々しく聞こえてきたのを、草を刈る少年が聞いて、人に告げたので、村の男たちが大挙して押し寄せ、入ってみると、たくさんの大雁(おおがん)が、騒ぎ合う中に法師がまじって、叩き伏せ、ねぢ殺していたので、この法師を捕えて、その場所から検非違使庁へ突き出したのだった。

殺した鳥を頸にかけさせて、牢獄に閉じ込められたという。基俊大納言が別当の時のことでございました。

語句

■遍照寺 京都市右京区嵯峨、広沢の池の西北にあった真言宗の寺。後に廃寺。広沢の池の南に移されて現在に至る。 ■承仕法師 寺の雑用をする法師。 ■たて篭めて 閉め切って。 ■おどろおどろしく 騒々しく。 ■おこりて 大挙して。 ■ふためきあふ さわぎあう。 ■所 その場所。 ■使庁 検非違使庁。 ■禁獄 牢獄に閉じ込めること。 ■基俊大納言 堀川基俊(1261-1319)。基具(もととも)の子。兼好の仕えた具守(とももり)の弟。九十九段に登場。 ■別当 検非違使庁の長官。

メモ

■兼好3、4歳ころの事件。
■洛西広沢の池のそば。月の名所で起こった不気味な事件。
■月の狂気を感じさせる

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク