第二百九段 人の田を論ずるもの、訴へに負けて

人の田を論ずるもの、訴へに負けて、ねたさに、「その田を刈りて取れ」とて、人をつかはしけるに、先(ま)づ、道すがらの田をさへ刈りもて行くを、「これは論じ給ふ所にあらず。いかにかくは」と言ひければ、刈るものども、「その所とても、刈るべき理(ことわり)なけれども、僻事(ひがごと)せんとてまかる者なれば、いづくをか刈らざらん」とぞ言ひける。理いとをかしかりけり。

口語訳

ある人で、その人は田の所有権を争って訴訟をしていたのだが、訴訟に負けて、腹立たしさに、「その田を刈り取って来い」といって、人を遣わしたところ、まず、途中の道の田までもずっと刈っていくのを、「これは訴訟で争われている所ではない。なぜこんなことをるすのか」と言われたので、刈る者たちは、「問題の田だって、刈るべき道理は無いのに、メチャクチャなことをしようとして我らは参る者であるので、どこの田であろうと、刈らないことがあろうか」と言った。たいそう面白い理屈であった。

語句

■人の田を論ずるもの 「の」は同格の格助詞。「人」と「論ずるもの」は同一人物。「人で、田を論ずるもの」。「論ずる」は訴訟して所有権を争うこと。 ■訴え 訴訟。 ■ねたさに 憎らしさに。くよしさに。いまいましさに。 ■道すがらの 途中の道の。 ■刈りもて行く ずっと刈って行く。「もて」は動詞の連用形について下の動詞につながる接続助詞。 ■僻事 間違ったこと。不正行為。 ■まかる 「行く」の謙譲語。

メモ

■一人殺すも百人殺すも同じ的ヤケクソさ
■句読点無しで一息にたたみかける文章

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク