第二百十八段 狐は人に食ひつくものなり

狐は人に食ひつくものなり。堀川殿にて、舎人(とねり)が寝たる足を狐に食はる。仁和寺にて、夜、本寺(ほんじ)の前を通る下法師(しもほうし)に、狐三つ飛びかかりて食ひつきければ、刀を抜きてこれをふせぐ間、狐二疋(ひき)を突く。一つは尽き殺しぬ。二つは逃げぬ。法師はあまた所食はれながら、ことゆゑなかりけり。

口語訳

狐は人に食いつくものである。堀川殿にて、舎人が寝ている足を狐に食われた。仁和寺にて、夜、本堂の前を通る下級の僧に、狐が三匹飛びかかって食いついたので、刀を抜いてこれを防ぐ間、狐二匹を突く。一匹は突き殺した。二匹は逃げて行った。法師はあちこち食われながら、特にどうという支障は無かった。

語句

■堀河殿 兼好の在俗時の主家。源通親の次男通具以降、堀川家とした。館が堀河通りに面していたものだろうが、位置は不明。 ■舎人 貴族に使える下級の召使い。馬の口取り・牛車の牛飼いなどを務める。 ■仁和寺 第五十二段五十三段参照。 ■本寺 仁和寺の本堂か。 ■下法師 雑役にあたる身分の低い僧。 ■ことゆゑ 「事故」支障。

メモ

■堀河殿
■仁和寺はたびたび文学作品の舞台になっている。『徒然草』では「仁和寺の僧」
■境内でリスは見たことがある

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク