徒然草 現代語訳つき朗読

つれづれなるままに、日くらし硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

『徒然草』は吉田兼好による全243段からなる随筆です。内容は、人生論あり、友情論あり、思わず笑ってしまう失敗談あり、辛口の人間批評や政治批評あり、ことわざのようなキラリと光る警句あり、歴史上の人物の逸話あり…バラエティ豊かです。

「書き出しは学校で習った覚えがあるけど、後はぜんぜん知らないよ」という方もあるでしょう。その一方で「大人になって読み返したい古典」として真っ先にタイトルが上がる作品でもあります。

そうなのです。『徒然草』の面白さは、受験勉強のお題にされるだけではもったいないものです。むしろ大人になって、さまざまな経験を重ね喜びも悲しみも重ねた果てにこそ、「ああ、わかるなあ」と共感できる…『徒然草』はそんな作品です。

登場人物は天皇・上皇から貴族・武士・僧侶・職人・博打打ちまで、男も女も、さまざまな階層にわたっています。しかも、そのあらゆる階層の人々が、作者・吉田兼好のすぐれた人間観察眼を通して活き活きと描かれ、まるで身近な知人・友人のように感じられます。

ただし作者は基本的に口が悪く、「えっ…!?」という極論も目立ちます。「歳とると見苦しいので人は四十歳前に死ぬべきだ」などと書いています。特に「女性」と「結婚」と「酒」の三つは大嫌いだったようで、ケチョンケチョンにけなしています。

その一方で、やはり女には引きつけられてやまないとか、酒も相手と場合によっては味わい深いと言ってみたり…あれ、さっきと言ってること違うぞという矛盾。これこそが人間くさく、ほほえましく、『徒然草』の大きな魅力になっています。

このサイトは、古典・歴史の「語り」をなりわいとする左大臣光永が、『徒然草』の全段を徹底して詳しく、丁寧に解釈し、有名な箇所は朗読音声つきでお届けします。一見難解な古文の言葉も、耳で聴くと意味がつかみやすいはずです。

リンク

朗読・解説:左大臣光永